[Black Shark] ゲーミングスマートフォン発表 Snapdragon 845、8GB RAM、4000mAhバッテリー搭載 価格は477ドル~

スポンサードリンク

2モデル発売

4/13、中国で行われた発表会でBlack Shark(黑鲨科技)は初のゲーミングスマートフォンを発表しました。このスマートフォンは、Xiaomiが出資し共同開発されたスマートフォンとして、Razer Phoneのようなゲームに特化した機種となっています。

詳細などは追記していきます。

デザイン


Black Sharkゲーミングスマートフォンは、ゲームに特化したスマートフォンで、ゲーミングPCのような剛性なデザインを採用しています。外観デザインは、快適なゲームプレイを提供するために人間工学に基づいたデザインを採用しているようです。グリーンを採用したカラーも特徴で、背面のロゴは点滅する仕様です。カーブが特徴的な本体デザインも確認できます。カラーはBlackとGrayの2色。


背面のXにWi-Fiアンテナを搭載、干渉を最低限するデザインを採用しています。フレームにはSharkキーというボタンが搭載されており、ワンタッチでゲームスペースapp、Shark Spaceにアクセスすることができます。

専用コントローラー


340mAhバッテリーを内蔵した専用のBluetoothジョイスティックコントローラーも同時に発表され、大型なコントローラーを装着することなく、完全なゲーミングスマートフォンとして使用することもできます。

ソフトウェア


Black Sharkに搭載されたソフトウェアは、AndroidベースのJoy UI採用しています。MIUIと似たアイコンが確認できますが、どこまでMIUIと関連があるかは今のところ不明です。ただ、Xiaomiアカウントでログイン可能なJoy CloudやXiaomiアプリも一部インストールされています。


ゲームDOCKも搭載され、通知設定など10種類以上のゲーム最適化機能があります。

スペック

ディスプレイには、アスペクト比 18:9 5.99 2160 x 1080(550nit,DCI-P3)ディスプレイを搭載。Razer Phoneのような高リフレッシュレートのディスプレイは搭載されませんでした。ただ、MEMCインテリジェント動作補正をサポートしている為、滑らかな映像を楽しむことができます。
前面に指紋センサーと物理キーを配置し、フロントカメラは顔認証に対応しています。


SoCにはQualcommのハイエンドチップ、Snapdragon 845 2.8GHz Octa Core (Kryo 385,GPU Adreno 630) を搭載します。前世代のSnapdragon 835からパフォーマンスは大幅に向上、ゲームプレイでも性能を発揮するSoCとなっています。(Antutuベンチマークスコアは279464)
メモリには6/8GB RAM、ストレージは64/128GB ROMが搭載されます。先日発売したXiaomi Mi MIX 2Sと同様のハイスペックな機種で、発売されるモデルは6GB/64GBの標準版と8GB/256GBの高配版の2モデルとなります。
独立した画像処理チップpixelworksを搭載、ゲームのパフォーマンスが大幅に向上し、DCI-P3をサポートしていることで、ゲーム以外のシーンの表示効果も他の類似製品よりも高くなります。
バッテリーも通常のフラッグシップ機とは異なり、Quick Charge 3.0に対応した4000mAh大容量バッテリーを搭載します。Snapdragon 845を搭載している、Xiaomi Mi MIX 2S(3400mAh)、Galaxy S9+(3500mAh)、Xperia XZ2(3180mAh)などのハイスペック機と比較すると、大容量バッテリーとなっています。Razer Phoneは4000mAhバッテリーが載っているので、これとは同容量となります。


CPU部には、液体冷却型の冷却装置も搭載されています。CPUの温度を8°ほど温度を下げることができパフォーマンスを維持することができます。


イヤホンジャックは非搭載、独立したマイクとスピーカーにはDual Smart PAを搭載し、Hi-Fiレベルの高音質なサウンドを楽しむことができるBisoサウンドエフェクトをサポートしています。
カメラには、12MP(f/1.75,1.25μm)+20MP(f/1.75,1.0μm)のデュアルリアカメラ、20MP(f/2.2,1.0μm)フロントカメラを搭載します。

価格

価格は、6GB/64GB標準版が2999元(約477ドル)、8GB/256GB高配版が3499元(約556ドル)で、コントローラーは179元(約28ドル)ですが、最初の50000名には無料で付属します。
Xiaomiホームページ上ではBlack Sharkの特集ページが登場し、4/13 18時(中国)から正式予約を開始しています。さらに、初回発売日も決まっており、小米商城、有品、京东(4/20~)で販売が行われます。

以前から未知のスマートフォンとしてベンチマークスコアなどが話題なっていましたが、その名の通り、Snapdragon 845、大容量バッテリーなどゲームに特化したスマートフォンとなっています。デザイン的には万人受けするスマートフォンではなさそうですが、これまでのスマートフォンとは毛色異なるスマートフォンなので注目されそうです。
Razer Phoneが発表され、早い段階でこのスマートフォンが発表されたのも、中国のメーカーらしいなと思います。nubiaもゲーミングスマートフォンの発売を予定しているようなので、このスマートフォンをきっかけにこの市場も更に盛り上がるかもしれません。

日本から購入できるECサイトなどの取扱状況は、今後プレセール開始後などに取り上げたいと思います。

黑鲨科技

主なスペック

  • OS Joy UI,Shark Space,Game Dock
  • 18:9 5.99 inch 18:9 5.99 2160 x 1080 550nit コントラスト比 1500:1
  • Pixelworks DCI-P3
  • Qualcomm Snapdragon 845 2.8GHz Octa Core
  • Kryo 385
  • GPU Adreno 630
  • 6GB/64GB,8GB/128GB(LPDDR4X,UFS2.1)
  • Dual Nano SIM
  • GSM B2/B3/B5/B8
    CDMA/EVDO BC0
    WCDMA B1/B2/B5/B8
    TD-SCDMA B34/B39
    TD-LTE B34/B38/B39/B40/B41
    FDD-LTE B1/B3/B4/B5/B7/B8/B12
  • Wi-Fi 802.11b/g/n/ac、Bluetooth 5.0(apt-x HD)
  • Rear Camera 12MP(f/1.75,1.25μm)+20MP(f/1.75,1.0μm) PDAF,HDR
    Front Camera 20MP(f/2.2,1.0μm)
  • Biso Sound,Professional MIC
  • 指紋認証,顔認証
  • 4000mAh Quick Charge 3.0
  • Type-C
  • 161.6 x 75.4 x 9.25mm
  • 約190g


このブログでは、中華スマートフォンやタブレットPCなど多くのガジェットを取り扱っているECサイト"Gearbest"を紹介しています。毎日更新される日本向けセール&クーポンページとTopページはこちらから。

2018/3更新 日本倉庫 & 日本向けクーポンページはこちら↓

Gearbst日本向けセール

Gearbest Top Page

上記以外のクーポンもほぼ毎日更新していますので、気になる方はチェックしてみてください。

Gearbest Coupon Page