Smartisan Nut R1 (坚果R1) 発表 Snapdragon 845、ストレージに最大1TBを搭載のハイエンドモデル

スポンサードリンク

このボタンをクリックするとSNSで共有できます。

 

Smartisan(锤子)は、5/15に北京国家体育場で新機種発表を行い、Smartisan Nut R1 (坚果R1)とTNT Stationを発表しました。Smartisanから発売されている機種の中でもハイエンドモデルとして販売され、Qualcomm Snapdragon 845を搭載したスマートフォンとなります。ストレージには世界最高となる1TB ROMを搭載しています。
Smartisanは、R1の発表前に4月にミッドレンジ機Smartisan Nut 3を発表しています。

関連記事
Smartisan、5/15に新機種発表を告知 Qualcomm Snapdragon 845搭載のR1か

スポンサーリンク

Smartisan Nut R1

デザイン・ディスプレイ

Smartisanらしい洗練されたデザインを承継し端末の薄さは7.9mm。カラーバリエーションはCarbon BlackとPure Whiteの2色、モデルによりカラーが異なります。指紋センサーは背面のロゴ部に搭載されています。下部フレームのType-C USB 3.0は、Display Port 1.4に対応しています。(3.5mmイヤホンジャックは非搭載)
ディスプレイには6.17 inch 2242 x 1080 In-Cellディスプレイ搭載。前面上部にはフロントカメラを搭載しているノッチがありますが、Essential Phoneのような切り抜きです。Huaweiスマートフォンのようにノッチを隠す機能がソフトウェアに実装されています。このディスプレイは第3世代のCorning Gorilla Glassコントラスト比 1500:1、感圧タッチをサポートしています。

スペック


OSはSmartisan OS 6.0を搭載。感圧タッチを効果的に使用できるように設計されています。


ホーム画面上でタッチジェスチャーを認識するとWeChat Payのバーコードを表示されたり、写真から商品ページに移ることもできます。アルバムではFace ++の顔認識を使用しフォルダ分けができます。さらに、他社OSでも標準機能となっているゲームモードもサポートしています。このOSは、中国語や英語の他に日本語などもサポート。

 

SoCにはQualcommのハイエンドチップ、Snapdragon 845が搭載されています。10nmプロセス製造のocta-core Kryo 385 CPU、Adreno 630 GPUを搭載し、前世代SoCのSnapdragon 835よりもパフォーマンスが向上しています。RAMには6GB/8GB、ストレージには64GB/128GB/1TBを搭載するモデルがラインナップされています。全てのモデルでLPDDR4X、UFS2.1使用されています。

  • 6GB/64GB Carbon Black
  • 6GB/128GB Carbon Black/Pure White
  • 8GB/128GB Carbon Black/Pure White
  • 8GB/1TB Carbon Black

上記のようにスマートフォンとしては初となる1TBストレージを搭載しています。この点では他社が簡単に塗り替えられるものではない容量で、Snapdragon 845を搭載した超ハイエンドモデルとなります。

ネットワークはChina Mobile、China Unicom、China Telecom、VoLTE、キャリアアグリゲーション、4×4 MIMO(B41)をサポートししています。FDD-LTEはB1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 / B28の幅広いバンドをサポートしています。
バッテリーは3600mAhと比較的容量があり、QuickCharge 4+ 18W、PD3.0、10WまでのQi充電に対応。

 

カメラにはSony IMX363 12MP(f / 1.8,1.4μm) + Sony IMX350 20MP(f/1.75,1μm)デュアルリアカメラ、24MP(f / 2.0)フロントカメラを搭載しています。リアカメラは、ArcSoftリアルタイムボケアルゴリズム、自動HDR、手振れを軽減するTDK Invensenseビデオ安定アルゴリズムなどをサポート。フロントカメラは、AIによるメイクアップなどの機能があります。

TNT Station

Smartisanは同時に27 inch 4Kタッチディスプレイを搭載したTNT stationを発表しています。OSにはSmartisan OSから派生したSmartisan OS 6.66が搭載、効率的でシンプルなOSとなっています。このOSは、音声コマンドや音声入力が可能で10ポイントタッチジェスチャー等これまでにない効率的でシンプルな操作感が特徴的です。この中のSmartisan officeには、タッチや音声入力の為に最適化されたWord、PPT、Excelがあり、音声を使用した入力にも対応しています。

 

上記のように一括でメッセージを管理できるBullet SMSも搭載されており、TNT stationの他にAndroidスマートフォンやiPhone 、iPadなどのプラットフォームもサポートしています。(順次公開)

価格

Smartisan Nut R1の価格は以下の通りとなっています。

  • 6GB/64GB Carbon Black 3499元(約548ドル)
  • 6GB/128GB Carbon Black / Pure White 3999元(約626ドル)
  • 8GB/128GB Carbon Black / Pure White 4499元(約705ドル)
  • 8GB/1TB Carbon Black 8848元(約1,386ドル)

TNT stationは9999元(約1,567ドル)で販売されます。

Source

Smartisan R1スペック

  • Smartisan OS 6.0
  • 6.17 inch 2242 x 1080 In-Cell 第3世代のCorning Gorilla Glassコントラスト比 1500:1、感圧タッチ
  • Snapdragon 845 10nm Kryo 385 CPU
    Adreno 630 GPU
  • 6GB/64GB Carbon Black 
    6GB/128GB Carbon Black/Pure White
    8GB/128GB Carbon Black/Pure White 
    8GB/1TB Carbon Black
  • Rear Camera
    Sony IMX363 12MP(f / 1.8,1.4μm) + Sony IMX350 20MP(f/1.75,1μm) 
    ArcSoftリアルタイムボケアルゴリズム、自動HDR、TDK Invensenseビデオ安定アルゴリズム
  • Front Camera
    24MP(f / 2.0) ArcSoft,AIメイクアップ
  • ネットワーク
    China Mobile、China Unicom、China TelecomVoLTE、4×4 MIMO(B41)
    GSM B2 / B3 / B5 / B8
    CDMA 1X BC0 / BC1 / BC6
    CDMA BC0 / BC1 / BC6
    WCDMA B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B8 / B9 / B19
    TD-SCDMA B34 / B39
    TD-LTE B34 / B38 / B39 / B40 / B41
    FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 / B28
  • 3600mAhQuickCharge 4+ 18W、PD3.0、10W Qi充電
  • Type-C USB 3.0 Display Port 1.4
  • サイズ 縦153.3 x 幅74.5 x  厚さ7.9mm
  • 重量 170g

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

Twitterアカウントをフォローする

このボタンをクリックするとSNSで共有できます。