Xiaomi Mi MIX 2Sレビュー シーンを選ばず使えるデュアルカメラを搭載したハイエンド機

スポンサードリンク

このボタンをクリックするとSNSで共有できます。

 

Xiaomi Mi MIX 2Sが手元に到着したのでRedmi S2と同じようにレビューを行いたいと思います。今回も、開封を中心にデザインやソフトウェア、アプリを使用したベンチマークスコアなどを掲載します。

 

スポンサーリンク

Xiaomi Mi MIX 2S

Mi MIX 2Sは、Xiamiにとって2018年最初のフラッグシップ機です。Mi MIX 2から大幅なモデルチェンジは無いものの、Qualcommのハイエンドチップ、Snapdragon 845を搭載しています。このモデルでは、AIによるシーンの自動選択ができ、人や猫、風景など25種類、206シーンを識別することが可能となっています。カメラのクオリティもMi MIX 2Sから大幅に向上しているのもMi MIX 2Sの注目すべき点です。
Android P Developer previewのサポートやMIUI 10のリリースもあるので、フラッグシップ機として長く使える一台なると思います。

 

10/19セール情報追加

 

レビュー対象モデル

Xiaomi Mi MIX 2S 6GB/128GB Global Version

 

スペック

OSAndroid 8.1 MIUI 9
ディスプレイ5.99 inch 2160x1080 FHD+,403 PPI,
コントラスト比 1500:1
DCI-P3
SoCQualcomm Snapdragon 845 2.8GHz Octa core
GPUAdreno 630
RAM/ROM6GB/8GB LPDDR4x
64GB/128GB/256GB UFS2.1
カメラRear
IMX363 12MP(広角,1.4 μm,f/1.8,4-axis OIS)
+12MP(望遠,f/2.4)
ポートレートモード,光学ズーム,Dual PD,AIシーン選択,翻訳
為替レート変換,4K 30fps
Front
5MP,ボケ,AIメイク,HDR
ネットワーク(通常モデル)4×4 MIMO(B41)
GSM : B2 / B3 / B5 / B8
CDMA 1X / EVDO
: BC0
WCDMA / BL B2 / B4 / B5 / B8
TD-SCDMA : B34 / B39
TD-LTE : B34 / B38 / B39 / B40 / B41
FDD-LTE : B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 /
B8 / B12 / B17 / B20
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
WiFi Display,WiFi 2x2 MIMO,Wi-Fi Direct
バッテリー3400mAh
充電7.5W Wireless / Quick Charge 3.0
Type-C
センサー超音波距離センサー.加速度センサー, Gyro
近接センサー, コンパス,気圧計,
その他AGPS,GPS,GLONASS,BeiDou
BluetoothBluetooth 5.0
apt-x,apt-x HD
認証指紋認証
サイズ150.86 x 74.9 x 8.1mm
重量189g
カラーBlack / White

 

開封・付属品

ボックスはMi MIX 2とほぼ変わりません。付属品もほとんど同様で、ロゴ入りのケースが付属します。このケースはフルカバーケースではないので全て保護したい場合は別途購入した方がいいです。

関連記事
約1000円のXiaomi Mi MIX 2S純正シリコンケース 純正品が欲しいならおすすめ

 

デザイン


デザインは昨年発売したMi MIX 2からほとんど変更はありません。艶消しのフレームに極薄のセラミックボディを組み合わせたお馴染みのデザインとなっています。ただ、背面のカメラがデュアルレンズになり左上に移動したことで多少違いがあります。iPhone Xのようにレンズの間にフラッシュライトが配置され、vivo X21と比べるとカメラは大きいです。カメラリングはゴールド、指紋センサーリングはボディと同色です。
フレームは右側に電源ボタンと音量ボタン、左側にSIMスロット、下部にType-C、スピーカー、マイクが配置、Mi MIX 2から引き続きイヤホンジャックは廃止されています。
重量は約190gでMi MIX 2から5g程度しか変わらない為、買い替えの方は特に重量は気にならないと思いますが、Mi MIXを初めて手にする方は若干重さを感じるかもしれません。手にフィットする大きさやデザインはMi MIX 2から変わらず最高です。ただ、初代Mi MIXの骨董品みたいな高級感はほぼなくなった印象です。ガラスボディでも同じように、セラミックボディも指紋が付きやすくなっています。

 

ディスプレイ

引き続き、アスペクト比 18:9 5.99 inch 2160 x 1080 FHD+、JDIのフルアクティブというLCDを採用しています。(コントラスト比1500:1,DCI-P3)標準の色温度が気になる方は、コントラストの変更なども設定内からできるようになっています。読書用にブルーライト軽減などの機能も搭載。
デザインと同様で前世代からディスプレイの変更はありません。Mi MIXよりも下部ベゼルは狭くなったデザイン、カメラやセンサー類はここに搭載しています。フルスクリーンスマートフォンと言ってもベゼルは最低限ある仕様、上部には通話用のスピーカーがあります。このスピーカーをYoutubeのステレオスピーカー確認動画などで調べてみると、ステレオのL側が鳴り、下部スピーカーはR側なっているようです。音質はあまりいいとは言えませんが、一応ステレオスピーカーの様です。

 

ソフトウェア

Android 8.0ベースのMIUI 9 Global Stable 9.5.4.0が搭載。China ROMとは違いGoogle Play Storeなどプリインストールされています。Bootloader Unlockの際に行う端末とmiアカウントの紐付けにVPNは必要なくなりましたが、ここ最近の機種は360時間アンロックできません。(360時間になったのを実際に確認したのはRedmi 5 / Redmi 5 Plus)
標準でバーコードリーダーや内部診断アプリ、ファイルマネージャーなどユーティリティアプリなどは揃った状態で使用可能です。日本語選択が可能と記載している通り、ほぼ全ての項目が日本語化されています。初期よりも翻訳精度も上がり不自然な日本語も減って使いやすくなったと思います。Mi MIX 2などで使用可能になったフルスクリーンジェスチャーが使用可能です。
miアカウントを取得していた方がクラウドサービスなど使用する時に便利なので取得することをおすすめします。

 

ハードウェア・ベンチマーク

ベンチマークソフトを使用してSnapdragon 845の性能を見ていこうと思います。個人的にTwitterで呟いた投稿では高負荷時のテスト前だったので、一応下記の画像がストレステスト時の結果となります。
Qualcomm Snapdragon 845は835よりも高性能な最新のハイエンドプロセッサです。高性能なのは間違いありませんが、CPUに高負荷を掛けると80°前後まで温度が上昇します。Snapdragon 660は大体40°前後だったのでCPU温度は高すぎる感じはします。併せてPUBG最高画質でのプレイ時の温度(一部)もモニターしたので載せています。ずっと高負荷が掛かっているわけではないので、温度は50°前後となっています。基本的にCPU温度は高い状態です。本体温度自体は人肌以上かなという感じです。高負荷時は、上部中央付近(恐らくCPU部)に熱を感じ、徐々にフレームに熱が広がっていく感じです。ケースを装着しないで持っていると熱を感じます。触れられない程熱くなるという訳ではないと感じていますが、個人差があるので数値をご覧ください。バッテリー温度は大体28~40°弱くらいです。
CPUの温度は性能が上がるにつれて上昇するのは仕方ない部分なので、あまり過剰な反応はしないようにしています。ストレステストでは、下記の画像のようにパーセンテージが上がると熱を感じますが、通常使用では特に問題ないとも感じます。

バッテリーに関しては使用具合による個人差があると思うのでベンチマークなどは控えますが、私の使い方(Twitterやその他SNS、ゲームなどを軽く使用)なら1日は軽く持ちます。

ベンチマーク

 

高負荷時の温度(1枚目ストレステスト時、2枚目PUBGプレイ時)

 

ARCore

この機種からGoogle ARCoreをサポートしているので実際に試してみました。実際にプレイするとこのようになります。アプリについてはGoogle Play Storeやmi appなどからダウンロード可能です。

 

ネットワーク

日本向けには販売されている製品ではないので動作確認など詳細な情報についてはこれまで通り省きますが、Mi MIX 2SはDSDVに対応した機種となります。Xiaomi端末は、ダイヤルから” *#*#86583#*#* “を入力することでVoLTEをオンにできます。下記のページをご覧になればわかると思いますが、日本はサポート外なので実際に動作しない場合があります。(MIUI Fourm)
公式サイトによるとGlobal Bandは最上位モデルのみ対応している模様です。

標準モデル対応バンド(公式サイト掲載)

GSM : B2 / B3 / B5 / B8 
CDMA 1X / EVDO : BC0 
WCDMA / BL B2 / B4 / B5 / B8 
TD-SCDMA : B34 / B39 
TD-LTE : B34 / B38 / B39 / B40 / B41 
FDD-LTE : B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B20

 

ワイヤレス充電

Mi MIX 2Sで初サポートとなったQiワイヤレス充電、iPhone Xで再び話題になり、高性能な充電器も容易に手に入れられるようになっているのでぜひ活用したい機能です。他メーカーの充電器でも十分ですが、XiaomiやZMIからワイヤレス充電器が発売されています。Mi MIX 2Sのケーブル充電は、Quick Charge 3.0対応。

 

カメラ

カメラについてはMi MIX 2からの最大の進化とも言えます。Mi MIX 2では悪くないカメラという感じでしたが、Mi MIX 2Sで印象がかなり変わりました。Mi MIX 2Sは、Sony IMX363 12MP+Samsung s5k3m3 12MPデュアルカメラを搭載しています。DXO MARKでPhotoスコアで101を記録して話題となりましたが、AIによるシーン識別が可能になっていて、手軽に最適化された写真を撮ることができます。夜間撮影にもかなり強くなっていてどんな場面でも使用できると印象です。マニュアル撮影よりも簡単に補正してくれるカメラで、500ドル程度のスマートフォンのカメラとしてはかなり優秀だと思います。
夜間でも明るい写真が取れるので暗所で撮影したサンプルを載せます。(その他の写真は今後追加予定) 画像をクリックすると大きいサイズの写真が開きます。可能な限り画質を落とさず圧縮していますが、モバイルネットワークでご覧の方はご注意ください。

サンプル

 

まとめ

全体的にまとまった印象のMi MIX 2S、発表当時はMi 7の発表が行われるのではないかと噂されていましたが発表されず、デザインの変更などが行われなかったことを考えると、次期フラッグシップ機までの繋ぎという役割が大きいのかなと個人的には感じています。ただ、最新のSoCや高品質な写真を撮れるデュアルカメラを搭載するなど、Mi MIXシリーズでは全てにおいてバランスが取れた一台となったように思います。発熱に関しては残念ではありますが、私の使用環境では特に問題なしと判断しています。Snapdragon 845のパフォーマンスについては文句無しです。CPUに高負荷を掛けるゲームなどをメインにするという方は、購入時に考慮した方が失敗したという事は無くなると思います。

カメラについては、Xiaomiスマートフォンでここまで綺麗な写真が撮れるということ自体驚きでもあります。しっかりと他社フラッグシップ機に並ぶカメラ性能を積んできたことは評価できるのではないでしょうか。

このスマートフォンは早期にKernel sourceがリリースされ、Project trebleのおかげでカスタムROMの開発などがこれまでのXiaomi機に比べると容易になったというのも大きいと思います。さらに、Android P Developer previewもサポートしており、これまでのXiaomi端末とは違う魅力も見いだせる一台です。DPインストールにはBootloader Unlockが必要で、tgzファイルをダウンロード後にFastbootから導入します。MIUI 10も5/31に発表されるので更に活用の幅が広がることが期待できます。

 

Xiaomi Mi MIX 2Sの購入ページ

セール情報を10/19に追加しました。

 

Xiaomi MI MIX 2S 6GB / 64GB Global Version
クーポン : GBMPM2S 価格 395.99ドル 50回限定 10/24まで

 

Xiaomi Mi MIX 2S 6GB/128GB Global Version
クーポン GBMP2S128価格 415.99ドル 50回限定 10/23まで
クーポン GBXM66JP価格 418.99ドル 100回限定 10/31まで

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

Twitterアカウントをフォローする

Xiaomi Mi MIX 2S 6GB/128GB

8.6

デザイン

8.2/10

性能

9.0/10

カメラ

9.0/10

値段

8.5/10

おすすめ度

8.5/10

Pros

  • Snapdragon 845のパフォーマンス
  • ノッチのないディスプレイ
  • カメラパフォーマンス

Cons

  • Mi MIX 2と変わらないデザイン
このボタンをクリックするとSNSで共有できます。