Xiaomi Mi Max 3の一部仕様が判明 SDM636、128GB ROMモデルも発売(公式)

スポンサードリンク

 

明日発表される予定のXiaomi Mi Max 3の一部スペックが公開されています。Xiaomi Mi Max 3は、昨年発売されたMi Max 2の後継機となり、大画面に大容量バッテリーを搭載した人気のスマートフォンです。
発表前ながらも実機などのリークが相次いでいて、遂に公式から一部仕様が公開されました。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi Max 3

 

Mi Max 3は、アスペクト比 18:9 6.9 inchディスプレイ、Qualcomm Snapdragon 636 1.8GHz Octa Core、4GB/6GB RAM、64GB/128GB ROMを搭載します。ディスプレイサイズとバッテリー容量は既に公開されており、Snapdragon 636はリークなどから明らかになっていました。
カメラには、AIによる206のシーン識別が可能な12MP+5MPデュアルカメラ、顔認証や音声アシスタントをサポートします。

 

 

ボディカラーは3色ラインナップされており、Gold / Blackに加えBlueが新たに発売される模様です。
価格は空欄になっており、明日の発表に併せて公開されます。スペック的には、Redmi Note 5を大画面にし、大容量バッテリーを搭載したようなモデルになっているように思います。価格もRedmi Note 5 4GB/64GB(1299元)、6GB/64GB(1699元)に近い価格で販売されるでしょうか。

Source

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

Twitterアカウントをフォローする