Xiaomi Redmi Note 7発表 Snapdragon 660、48MPカメラ搭載 価格は999元(147ドル)~

スポンサードリンク

このボタンをクリックするとSNSで共有できます。

 

Xiaomiは新製品発表イベントを1/10 14時から行い、独立ブランド”Redmi by Xiaomi”として初モデルとなるRedmi Note 7を発表しました。このモデルはSnapdragon 660やSamsungセンサーの48MPカメラ(ISOCELL Bright GM1)を載せたスマートフォンとして発表されています。

Redmi Note 7は独立ブランドとして発売されるものの、これまで通り高品質で費用対効果の高いスマートフォンを提供していく模様です。

 

スポンサーリンク

Redmi Note 7主な仕様

  • OS : MIUI
  • Display : 19.5:9 6.3 inch 2340 × 1080 FHD+ LTPS in-Cell
    450nit コントラスト比1500: 1,Corning Gorilla Glass 5
  • SoC : Qualcomm Snapdragon 660 2.2GHz(MSM8976Plus)
    GPU : Adreno 512
  • RAM / ROM : 3GB/32GB,4GB/64GB,6GB/64GB(256GB Micro SDカード)
  • リアカメラ : Samsung GM1 48MP(1.6μm,f/1.8)+5MP スーパーナイトシーン(OTA)
    フロントカメラ : 13MP
  • ネットワーク : Dual SIM
    GSM B2/3/5/8
    CDMA 1X/EVDO BC0
    WCDMA B1/2/5/8
    TD-SCDMA B34/39
    TDD-LTE B34/38/39/40/41(100MHz)
    FDD-LTE B1/3/5/7/8
  • Wi-Fi : 802.11a/b/g/n/ac
  • Bluetooth : 5.0
  • バッテリー : 4000mAh (QC 4,18W) 標準 5V2A
  • その他 : Type-C,3.5mmイヤホンジャック,赤外線
  • サイズ : 159.21 × 75.21 × 8.1mm
  • 重量 : 186g
  • カラー : Gold / Blue / Black

 

Redmi Note 7概要

Redmi Note 7はこれまでのRedmiスマートフォンとは異なり両面に2.5Dガラスを使用しています。従来のRedmi Noteシリーズではメタルボディを採用しており、背面にガラスボディを使用するのは初です。カラーは3色展開となり、2018年のトレンドにもなったグラデーションカラーも用意されています。ロゴは”mi”ではなく”Redmi by Xiaomi”という文字に変更されています。

バッテリー容量は4000mAh(QC 4)を搭載し、大容量バッテリーと急速充電を組み合わせたRedmiスマートフォンらしい仕様になります。本体下部にはType-C、上部には3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。smartpa 98937を搭載することでスピーカーの品質、音量も上がっています。

 

品質向上を焦点にしているRedmi Note 7は、18カ月の保証やこれまでRedmiスマートフォンでは見られなかった防塵、防滴加工も施されています。

 

ディスプレイはアスペクト比 19.5:9 6.3 inchとRedmiスマートフォンでは最大となり、上部にはMi Playでも採用された水滴型ノッチを載せています。この部分には13MPフロントカメラを搭載しています。Redmi Note 7にはフルスクリーンを採用し、左右のベゼル幅は1.95mmに抑えられています。
ディスプレイにはCorning Gorilla Glass 5を採用しているほか、0.8mmの特殊なガラスを使用しています。これにより他のガラスよりも落下による強度が4倍になっています。

SoCにはQualcomm Snapdragon 660 2.2GHz Octa Coreを搭載しています。これまでのSnapdragon 660 1.95GHzよりもクロック周波数が上がったことで性能が高くなっており、参考で公開されたAntutuスコアでは144599ポイントを記録します。これは、Snapdragon 660やKirin 710よりも高いスコアです。

 

カメラには公式アナウンス通り48MP+5MPのデュアルカメラを搭載しています。48MPはSamsung GM1センサーを採用しており、ポスターレベルのHD写真を撮影することができます。Mi MIX 3やMi 8などでもサポートしている、複数の写真を組み合わせ撮影するスーパーナイトシーンもOTAでサポートします。これは、夜景など低照度で活躍する撮影モードで、撮影時に光を多く取り込みノイズの少ない写真に仕上がります。

 

価格は3GB/32GBが999元(147ドル)、4GB/64GBが1199元(176ドル)、6GB/64GBが1399元(206ドル)に設定されています。販売は1/15から行われます。

 

また、SamsungセンサーではなくSony IMX 586を搭載したRedmi Note 7 Proも春節後に発表される予定です。

Xiaomi

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

このボタンをクリックするとSNSで共有できます。