やっと返金された。Aliexpress編

この記事をシェアする

スポンサードリンク

スポンサードリンク

6/13にAliexpressで購入した商品をキャンセルした時の返金

 

Aliexpressで購入した時に支払い確認中というステータスがあります。
これは、まだカード会社からAliexpressに支払い情報が行っていないことです。実際にはまだカード会社または、銀行に商品代金が残っています。

この時にキャンセルをしてしまうと、返金が大幅に遅れることになるので注意が必要です。
 いつも海外通販を利用するときは、ジャパンネット銀行VISAデビットカードを使用しています。同じ境遇の方は、読んでおいても損はしません。

返金はAliexpressに代金が到着してからしたほうがいい。

必ずこうしたほうがいいです。注文を済ませAlipayで支払いが完了すると”payment being verified“というステータスに変化します。
この状態では、Aliexpressに支払い情報は到着していません。この時点で注文をキャンセルすることは勿論可能です。
相手の返答を待たずにキャンセルできますが、支払い情報はカード会社、銀行で止まっている状態なので、返金がかなり遅くなることがあります。

ジャパンネット銀行だと支払い翌日から60日後に返金される

ジャパンネット銀行HPにも記載されていますが、取引情報が”利用”となっている(変わらない)場合は、相手のショップが返金手続きをしていないか、銀行に代金がプールされています。
 念のため、Aliexpressに問い合わせしましたが、支払いは受けていないのでオーソリ取り消しはできないと言われました。 (通常はこのデータが銀行に到着すると数日中に返金されます。)

私は前者でしたので、本日無事返金されました。衝動買いをしてしまって後から後悔しキャンセルしたのですが、さらに後悔することになってしまいました。

支払いがAliexpressに到着したら返金プログラムが有効になる

このサイトでは、返金は3-15日以内に行うということになっています。アカウントのランクが上がると、決まった返金額をすぐに返金してくれます。 ただし、この必ずすぐに返金してくれるわけではありません。私の場合は100円の返金は1ヵ月程度かかりました。問い合わせをしましたが、事務的な返事しかなく、Fast Refundを約束することではないみたいです。

しかし、確認中にキャンセルしてしまうと、適用されませんのでJNBだと60日かかります。
 私もこのようなことをしたことがなく無知でしたが、知っておいて損はしないと思います。

Amazonなどは、発送時に代金が支払われるようになっていて安心ですが、少し勝手が違います。
もし、キャンセルしたいのであれば、支払い情報がサイトに到着してからショップと交渉するか、Alipayに問い合わせをした方がいいと思います。

やはりPaypalが使いやすいなと。何かあったときは仲裁してくれるし、手数料は少し高いけど安心できる。 今まで、Paypalに異議を申し立てて、解決しなかったことはありませんね。
 Aliexpressは使用できないので、できるGearbestやBanggoodなどで購入するという選択肢もありますね。

 くれぐれも私のようにならないように注意してくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

Xiaomi Mi5sを1週間使用してみた。ちょっとした感想

Xiaomi Mi 5sが到着しました。大雑把な開封レビュー

Snapdragon 821 6GB RAM搭載 OnePlus 3T開封レビュー