アマゾンの置き配を利用したら届いているはずの荷物が無い!? そんな時どうしたらいいのか実体験をレポート

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

Amazon(アマゾン)で開始された置き配。在宅していなくても指定した場所に配達してくれるため、不在でも荷物を配達してくれるサービスです。

個人的に数回使用した際、配達されたはずの荷物が紛失または盗難にあったのでその体験談と解決方法を紹介します。

 

スポンサードリンク

置き配とは

置き配は、アマゾンで始まった比較的新しい配達サービスの一つで、アマゾンが発送するものかつ一部のデリバリープロバイダが配達する荷物がサービスの対象になっています。置き配を指定していれば在宅の有無関わらず、玄関やガスメーターボックスなどに配達され、指定場所に配達が完了すると写真付きで完了メールが送られる仕組みになっています。

 

このサービスでは配達員とやり取りする必要がないため、もちろん印鑑やサインも不要です。
置き配は、一部対象の地域で実施しているサービスで、対象の地域に住んでいれば注文時や注文後にオーダー画面から場所を指定することができます。また、一度指定すると、今後も同様の場所に配達されるように設定することもできます。

 

配達員と受取人にメリットがある

日中や配達時間帯に外出するという方にとっては非常に便利なサービスとなっており、配達を待つことや再配達を依頼することもなくなり、再配達票が溜まることもありません。
また、配達員にもメリットがあり、対面してサインや印鑑を押す時間を短縮することができ、不在でも再配達をする必要がなくなります。

このように、双方にメリットがあるサービスとなっており、もし配達されたはずの荷物が紛失または盗難にあった場合でもアマゾンが保証(返金か再送)してくれるので実際のところメリットは多いと思います。

 

しかしデメリットもある

ただ、保証してくれるといっても、もし買ったものが1点ものだった場合や急用で頼んだものだった場合で紛失や盗難にあった時、置き配というサービスにはリスクが伴います。また、これまで対面して配達されていた荷物がどのように配達されるか、指定場所に置かれるときの状況を把握できないということもあります。

実際に、私は何度か置き配を利用してアマゾンで買い物をしました。そんな中、配達完了のメールが来た数時間後に荷物が置かれている場所を確認したところ、置かれているはずの荷物が紛失していました。
これまで何度か使ったサービスですが、こんなことは今までなかったため非常に驚きました。

世の中悪い人はいるもんです。(頼んだものは数千円のもので特定のスマートフォンにしか使えないフィルム)
なので、実際にアマゾンがどういう対応をしてくれるか実体験を紹介したいと思います。

 

もし紛失または盗難にあったら、まず指定場所を確認

まず、指定した配達場所を確認します。完了すると、アマゾンから上記のような配達場所を写した写真が添付されたメールが届くので確認してみます。小型の荷物だったため自宅ドアの横のポストに入るものの、今回はなぜかポスト下に置かれているという内容でした。

マンションや一軒家で状況は異なりますが、オートロックのない誰でも入れる場所に配達される場合があるため、盗難のリスクは少なからずあります。今回は僅か数パーセントの内にあたってしまったということです。

荷物が見当たらない場合、写真に写った場所を確認したり荷物が置けるような場所を一通り確認してみると良いと思います。場合によっては、近所の親切な人が盗難されないように場所を変えていたり(有り得ないとは思いますが…)、家族が既に受け取っていることもあるかもしれません。

その後、もし荷物が無い場合は配達員に連絡する必要はありません(電話番号等もわからないのでしようと思ってもできないですが)。カスタマーサービスに連絡します。

 

スポンサードリンク

ホームページからカスタマーサービスに連絡

アマゾンホームページから、アマゾンカスタマーサービスに連絡します(電話 / メール / チャット)。スマートフォンやPCから連絡することができるので、対象の注文番号を選択後、問い合わせ理由を選択し3つの中から連絡方法を選択します。おすすめはチャットです。
問い合わせ時に、「置き配サービスを利用して商品を注文したが、指定場所にあるはずの荷物が無くなっていた」という文章を入力すれば、スムーズに話が伝わります。

実際にアマゾンの置き配ぺージに記載されている文章では、紛失や盗難にあった場合は返金または再送してくれることが記載されています。(以下抜粋)

置き配指定サービスでも、配送状況画面で商品がお届け済みと表示されているのに届いていない場合など、お客様から状況を伺い、商品の再送や返金に対応いたします。

カスタマーサービスに接続されると、注文番号や置き配にて紛失された荷物の詳細を聞かれます。荷物がない現状をそのまま伝えれば問題ありません。

 

対応や返金はかなりスムーズ

私の問い合わせに対応したカスタマーサービスの方は置き配の紛失については慣れているようで、特に待たされるようなことはありませんでした。紛失したことを伝えると、1分程度確認のためチャットが止まることがありましたが、その後問題なく代金の返金手続きが進みました。

これで紛失の問い合わせは全て終了です。
え?と思う方もいるかと思いますが、1時間程度すればアマゾンから返金されたことがメールで届きます。注文ページを確認すると返金額と返金されたことを確認することができます。

 

置き配を利用する前に紛失のリスクを考える

いくらアマゾンが保証してくれるからと言っても置き配のメリットとデメリットを理解して、数時間(場合によっては1日)放置できる荷物なのか、紛失の可能性があることを考えて利用する必要があると思います。
私は、数回問題ない利用できたので置き配を選択したままにしていましたが、実際に荷物が無くなったことを考えると、すぐに欲しかったものが手に入らないことやその後の手間もかかるので、安易に置き配を選択することは避けて、在宅中に届くように指定することが一番だと思います。

また、置き配を利用する場合、紛失や盗難のリスクが低い場所(車庫やポスト)などを選択するのが良いと思います。宅配ボックスがあればそこが安全です。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

置き配のポイント
  • 対象地域であれば注文時または注文後に置き配の指定ができる
  • 保証はあるが、荷物の置き場所は紛失や盗難されにくいところを指定する。配達メール受信後は荷物を長時間放置しない。
  • 返金自体はスムーズに行われる。しかし、利用前にメリットとデメリットを理解しておく必要がある。

今回は、新しく始まった置き配の実体験を紹介しました。返金手続きに関してはかなりスムーズだったので手間はほとんどなかったものの、もし盗難だった場合に欲しかったものがすぐに手に入らないことや、今後もそのようなリスクが増える可能性もあるので、安易に置き配を選択すると痛い目に合うかもしれません。配達したことや受け取ったことを証明する方法も写真だけでは多少の不安があるので、今後改善されると良いと思います。

個人的にもこれを教訓にして気を付けたいと思います。

 

Amazon置き配について(公式サイト)

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

Xiaomi Mi Note 10 ProとMi Smart Band 4のセットが1月3日から期間限定で5000円オフ

12月6日から開催のアマゾン サイバーマンデーセールの見どころ

Lepowモバイルモニターレビュー : Type-C搭載で様々な機器と接続可能な15.6型ディスプレイ

2019年の残り僅か! おすすめ中華スマートフォン 〜ミッドレンジ編〜

AmazonタイムセールでXiaomi Mi Note 10 Proが60,588円に値下げ