Android One 「Xiaomi Mi A3」 ハンズオンレビュー

この記事をシェアする

 

Xiaomiがグローバルマーケット向けにMi CC 9eをカスタマイズして発売したMi A3は、Snapdragon 665や48MPトリプルカメラを搭載し、Android OneとしてシンプルなUIと低価格を実現したミッドレンジスマートフォンです。

今回は、Mi A3のハンズオンレビューを紹介します。

*10/29 クーポンを追加しました。

 

スポンサードリンク

Xiaomi Mi A3の主な仕様

 

 

Xiaomi Mi A3
OS
Android 9 Pie
Display
6.088 inch 1560 × 720 AMOLED Dot Drop display
19.5:9,コントラスト比 60000:1,
102.7% NTSCCorning Gorilla Glass 5
SoC
Qualcomm Snapdragon 665 2.0GHz
Kryo 260 CPU
GPU
Adreno 610
RAM
4GB LPDDR4X
ROM
64GB / 128GB UFS 2.1
リアカメラ
48MP (1.6μm 4 in 1,f/1.79)
カメラ2
8MP (1.12μm,f/2.2,超広角)
カメラ3
2MP (深度レンズ)
フロントカメラ
32MP (1.6μm 4 in 1)
ビデオ
4K 30fps / 1080p 60fps,30fps / 720p 30fps
1080P スローモーション 120fps
720p スローモーション120fps,240fps
ネットワーク
GSM : B2/3/5/8
WCDMA : B1/2/4/5/8
TDD LTE: B38/40
FDD LTE: B1/2/3/4/5/7/8/20/28
Wi-Fi / Bluetooth
802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
バッテリー
4030mAh / 18W
その他
距離センサー / 環境光センサー / 加速度計 /
ジャイロスコープ / 電子コンパス / Type-C / 3.5mmイヤホンジャック/ 画面内指紋センサー / IR Blaster
対応ファイル
MP4 / M4V / MKV / XVID / WAV / AAC / MP3 / AMR / FLAC
位置
GPS  / A-GPS / GLONASS / Beidou
カラー
Kind of Gray / More Than White / Not Just Blue
サイズ
153.48 × 71.85 × 8.475mm
重量
173.8g

 

Xiaomi Mi A3 クーポン & セール情報

 

Xiaomi Mi A3 4GB/64GB Blue

価格 161.99ドル(17738円)
300回限定 10/21まで

購入リンク

Xiaomi Mi A3 4GB/64GB Gray

価格 161.99ドル(17738円)
300回限定 10/21まで

購入リンク

Xiaomi Mi A3 4GB/128GB Blue

 

価格 173.99ドル(19052円)
200回限定 11/4まで

購入リンク

Xiaomi Mi A3 4GB/128GB Black

 

価格 173.99ドル(19052円)
200回限定 11/4まで

購入リンク

 

Mi A3本体・デザイン

Xiaomi Mi A3は、200ドル以下という低価格ながらもCorning Gorilla Glass 5で保護されたガラスボディを採用しています。画像でもわかるように本体はカーブボディとなっており、Not Just Blueは光の当たる角度によって波のような模様が現れます。

カラーはブラックとホワイトもバリエーションがありますが、それぞれ異なるデザインを採用している模様で、独特なカラーリングが特徴です。

 

本体は手に収まる大きさに設計され、6 inchを超えるスマートフォンながらグリップ感も良く操作性も高いです。
ここ最近はバッテリー容量が増え、ディスプレイの大きさと厚さも比例するように増している印象がありますが、Mi A3は厚さ8.475mm、約174gと軽量設計です。

Xiaomiスマートフォンで何度か指摘している本体の隙間は無く、本体の品質も上がっている印象です。

 

上記に加えて、Type-Cポートや独立したイヤホンジャック、家電などを操作できるIR Blaster(赤外線)も備えているため、実用性も高いミッドレンジスマートフォンに仕上げられています。

 

Mi A3ディスプレイ

Mi A3のディスプレイは、6.088 inchとほぼ6.1 inchサイズを採用しています。大きさ的には数年前のスマートフォンと比較すると大型ですが、現行の機種と比べると小型になっており、ベゼルが狭い水滴ノッチ付きのディスプレイを搭載していることから、片手でも操作できる大きさになっています。

 

また、ディスプレイスペックは1560 × 720 HD+に抑えられていて、ミッドレンジスマートフォンとしては物足りない解像度です。文字を小さくすると多少表示の粗さは目立ちますが、Super AMOLEDを搭載していることによって、色再現度や黒の深さなどはしっかりとカバーされています。

解像度が1560 × 720 HD+というところに目が行きますが、ディスプレイサイズ的にまだ妥協できる点かなという印象があります。カメラスペックが価格帯を考えると突出していると思うので、解像度を妥協してその他のスペックを重視したいという方にとっては十分だと思います。

 

指紋認証はそこそこの速さ

Mi A3は上位モデルでも採用されている光学式の指紋センサーを搭載し、センサーは最大7.2μmピクセルを検知できる光学式レンズを画面下に載せています。

使用感的には、ロック解除には多少のもたつきがある印象です。実際に指紋を登録してロック解除してみると、そこまで速度や認識率は高くなく、ロック解除するには正確にセンサー部に指を置く必要があります。(押し付けると認証率が上がります)

 

ただ、指紋センサーのアニメーションを無効にすることによって、ロック解除の体感速度を上げられることがxdaフォーラムでも紹介されています。
上記がアニメーションありとなしのロック解除速度を記録した結果です。

導入方法は、PlayストアからSettings Database Editorをダウンロードし、アプリを開いた後、「Add new setting」をタップし、「fod_animation_type」を入力、Save changeをタップし、「4」をさらに入力してSave changeで保存します。
成功すると、指紋センサーのアニメーションが無効になります。再度オンにするには同項目を削除すれば元に戻ります。

このように、体感速度は上がるものの、劇的に速度が上がる訳ではないので、ハイエンド機の速度を求めるのは無理があるようです。ソフトウェアアップデートで改善されれば今後のユーザー体験も良くなるはずです。

参考リンク-xda

 

ソフトウェア

ソフトウェアは、Android One向けに設計されているAndroid 9 Pieが搭載されています。

以前Mi A2をレビューしたように、ほとんど無駄なアプリケーションはインストールされておらず、Google製のアプリケーションのほかに、Mi communityやMIUIカメラアプリのみインストールされています。
ジェスチャーはGoogle純正のものが選択でき、デジタルウェルビーイングやGoogleアシスタントも起動後にすぐに使用できます。

 

カスタムUIを嫌う人にとっては間違いなく満足できるソフトウェアで、システムの安定性はさることながら、使いやすいようにランチャーのインストールやアプリのインストールなど一から自分色に染めることもできます。

まだAndroid 10はリリースされていませんが、数ヵ月以内には最新のOSがリリースされるはずです。(セキュリティパッチアップデートは毎月配信されます)

 

Mi A3スペック・ベンチマークスコア

Mi A3は、旧モデルMi A2に搭載されたSnapdragon 660のアップグレードプロセッサー「Snapdragon 665」を搭載しています。Kryo 260 CPUを搭載していることは変わらないものの、Adreno 610 GPU、Hexagon 686 DSPや第三世代AIプロセッサーにアップグレードされており、48MPセンサーもサポートしています。

Mi A3は4GB RAMを載せたモデルしかリリースされておらず、ゲームやアプリなどをたくさん開いて使用するという方には多少不向きです。と言うのも、通常使用する際にはこの仕様でも全く問題ないですが、マルチタスクを使用している時はアプリの開く速度が低下するのがわかります。
ミッドレンジスマートフォンに多くを求めるのは無理がありますが、使い方によっては最適であり、物足りなさも感じる可能性があります。

ゲームは、Asphalt 9をプレイしましたが、画質をパフォーマンスにすればフレームレートの低下を最小限に抑えてプレイすることができます。
参考程度にベンチマークスコアをご覧ください。ベンチマークでは、CPU・GPU性能が目安でわかるほか、Androbenchを使用するとストレージの速度もわかります。公式サイトにあるようにUFS 2.1を内蔵しています。(Geekbenchは5、AntutuはV7を使用)

 

バッテリーは4030mAhと比較的大きなバッテリーを積んでいます。ハードに使用しても1日は充電せずに使用でき、18Wの急速充電にも対応しています。(付属するアダプターは10W)
ハイパフォーマンスなプロセッサーではないため、ある程度の性能と長時間のバッテリー駆動を期待できる2台持ちスマートフォンに最適な端末です。

 

カメラ

カメラは、AI顔認証やパノラマセルフィー、12のシーン識別をサポートする1.6μm 4 in 1スーパーピクセルの32MPフロントカメラ、リアカメラは4K 30fpsビデオ撮影や27のシーン識別、118°の超広角撮影が可能な48MP (1.6μm 4 in 1,f/1.79)+8MP (1.12μm,f/2.2,超広角)+2MP (深度レンズ)トリプルカメラを搭載しています。

Mi A3のサンプル写真を掲載するつもりでしたが、レビュー中に何らかの不具合で起動できなくなったためカメラを試すことができません。今後、正常な本体を手にしたら再度レビューします。

 

スポンサードリンク

ハンズオンまとめ

レビューでも書いた通り、消化不良なレビューとなってしまいましたが、端末のビルドクオリティやスペックは価格以上です。手元ある個体は不具合があるものでしたが、Mi A3は長時間駆動が期待できるバッテリーや48MPトリプルカメラ、Mi CC 9eとは違い長期間のアップグレードサポートが期待できるAndroid Oneという利点があり、サブ機に最適なスマートフォンです。

最新のAndroid 10もじきにリリースされると思うので、低価格でも長期間アップグレードサポートが欲しい、同価格帯のスマートフォンよりも高性能なカメラが欲しいという方におすすめしたいモデルです。

 

Xiaomi Mi A3 クーポン & セール情報

購入したGearbestでは現在はフラッシュセールが開催されています。上位モデルも190ドル以下で購入できます。

 

*10/29 クーポンを追加しました。

Xiaomi Mi A3 4GB/64GB Blue

価格 161.99ドル(17738円)
300回限定 10/21まで

購入リンク

Xiaomi Mi A3 4GB/64GB Gray

価格 161.99ドル(17738円)
300回限定 10/21まで

購入リンク

Xiaomi Mi A3 4GB/128GB Blue

 

価格 173.99ドル(19052円)
2200回限定 11/4まで

購入リンク

Xiaomi Mi A3 4GB/128GB Black

 

価格 173.99ドル(19052円)
200回限定 11/4まで

購入リンク

 

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

Nuarl NT01AX-BG 約1.2万円で購入できるaptX対応完全ワイヤレスイヤホン

Xiaomi初のSnapdragon 660や顔認証を搭載したMi Note 3簡易レビュー

Xiaomi Mi Max 2,Mi Pad 3,Redmi Note 4Xのバッテリーテストを行いました 動画視聴にピッタリなのは…

Xiaomi Redmi 5 / Redmi 5 Plus 開封・レビュー 従来モデルよりも性能が底上げされた新たなRedmiスマートフォン

OPPOの完全ワイヤレスイヤホンO-Free Wirelessを購入 簡単にレビュー

DOOGEE MIXレビュー コストを極限まで抑えた200ドル以下のSuper AMOLED搭載の狭額縁スマートフォン

Xiaomi Redmi S2レビュー 開封~ファーストインプレッション

Xiaomi Mi Max写真レビュー その2

Xiaomi Mi 9 vs Galaxy S10 サンプル写真でのカメラ比較