iQOO 3 5Gが中国でリリース 注目のスペックや価格まとめ

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

vivoのiQOOブランドから新機種「iQOO 3 5G」が発表されました。

iQOO 3は、現時点で最上位になるQualcommハイエンドチップ、Snapdragon 865を搭載するゲーミングスマートフォンで、最新のUFS 3.1ストレージを搭載初のデバイスになります。中国での販売価格は3598元(512ドル)~です。

 

スポンサードリンク

iQOO 3 5Gスペック

 

iQOO 3 5G V1955A
OS
iQOO UI(Android 10)
ディスプレイ
20:9 6.44 inch 2400 × 1080 Super AMOLED
画面占有率91.4%,HDR10+
コントラスト比 2000000:1
プロセッサ
7nm Qualcomm Snapdragon 865 2.84GHz Octa Core
Adreno 650 GPU
Snapdragon X55 5G Modem
RAM / ROM
6GB/8GB/12GB LPDDR5
128GB /256GB UFS 3.1
カメラ
・48MP (f/1.79)
・13MP 120°超広角 (f/2.2)
・13MP 50mmポートレート(f/2.46)
・2MP 深度レンズ(f/2.4)
2倍光学ズーム / 20倍ハイブリッドズーム
アイトラッキング機能
スーパーナイトシーン3.0
Hyper-HDR
EIS
フロントカメラ
・16MP(f/2.45)
バッテリー
4440mAh 55W急速充電
ネットワーク
GSM : 850/900/1800/1900
2G CDMA : BC0/BC1
WCDMA: B1/B2/B4/B5/B8
CDMA2000 : BC0/BC1
LTE TDD: B34/B39/B40/B41/B38
LTE FDD: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B25/B26
5G : n1/n3/n41/n77/n78/n79
Wi-Fi 6
Bluetooth
その他
NFC,Type-C,3.5mmイヤホンジャック,ディスプレイ指紋センサー,AK4377A Hi-Fi,
本体サイズ
158.51 × 74.88 × 9.16mm
重量
214.5g
カラー
流光银 /拉力橙 / 驭影黑
価格
6GB/128GB3598元(512ドル)
8GB/128GB 3798元(541ドル)
12GB/128GB 3998元(569ドル)
12GB/256GB 4398元(626ドル)

 

 

iQOO 3 5G概要

本体は他社ゲーミングスマートフォンと比較するとスタイリッシュなデザインを採用し、フレームにはiQOOシリーズではお馴染みの2つの感圧ボタンを搭載、ゲームパッドで操作するような操作方法をスマートフォンで体験することができ、本格的なゲーマーにも最適です。
カラーは流光银 /拉力橙 / 驭影黑の3色展開です。

iQOO 3は、アスペクト比 20:9 6.44 inch 2400 × 1080 FHD+ AMOLEDを搭載しています。以前のモデルまでは水滴ノッチを採用していましたが、このモデルからS5やX30シリーズと同様にパンチホールカメラに変更され、パンチホールの大きさは2.98mmと極小です。

 

プロセッサは、vivoブランドでも初となるQualcomm Snapdragon 865 2.84GHz Octa CoreとSnapdragon X55 Modemを備えており、iQOO Pro 5Gに次ぐ5G対応スマートフォンです。
Antutuベンチマークスコアでは610,576を記録し、現行のスマートフォンの中でもトップクラスの高いパフォーマンスが特長です。対応バンドはn1/3/41/77/78/79で、Wi-Fi最新規格Wi-Fi 6にも対応、高パフォーマンスと高速通信に対応するため、ゲーミングスマートフォンとして通信には死角がありません。

ゲーミングスマートフォンの登場によりPC並みの大容量メモリ備えるスマートフォン増え、iQOO 3は最大12GB LPDDR5 RAM、ストレージはスマートフォンでは初搭載となるUFS 3.1を内蔵します。最新のUFS 3.1は、読込速度1772.65MB/s(Androbench測定)を記録する高速ストレージとなり、vivo NEX 3よりも高性能です。

本体には4440mhAバッテリーを内蔵、15分で50%まで充電可能な55Wの急速充電にも対応しており、長時間駆動と急速充電を備えたスマートフォンです。

また、これまでFuntouch OSベースのMonster UIというiQOO向けのソフトウェアを搭載していましたが、新たに名称がiQOO UIに変更されており、最新のAndroid 10にアップグレードされGame Space 3.0やeスポーツ向け機能は引き続き搭載されます。

その他ゲーミングスマートフォンの性能として、ディスプレイのタッチサンプリングレートは180Hzまで上昇しタッチ応答の高速化を期待できます。さらに、AK4377A Hi-Fiチップ、9つのバイブレーションパターンを備えたモンスターエンジン、カーボンファイバーVC液体冷却を搭載します。

 

背面に48MP+13MP+13MP+2MPの組み合わせのクアッドカメラを備えるiQOO 3は、これまでのiQOOシリーズでもカメラスペックが強化されています。
カメラ機能には、12枚から16枚の写真を撮影して明るくノイズの少ない写真を撮影できるスーパーナイトシーン3.0、Hyper-HDR、X30シリーズでも対応した人の目を追跡するアイトラッキング機能(AI人眼追焦)もサポートします。

 

スポンサードリンク

iQOO 3 5G 価格と発売日

  • 6GB/128GB 3598元(512ドル)
  • 8GB/128GB 3798元(541ドル)
  • 12GB/128GB 3998元(569ドル)
  • 12GB/256GB 4398元(626ドル)

3月2日に中国で販売開始

vivo

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

[vivo] 前面がほぼディスプレイのvivo APEXコンセプトフォンを公開 フロントカメラはポップアップ式

「vivo Y97」 6.3 inchノッチディスプレイ、Helio P60、デュアルカメラ搭載 価格は1998元(291ドル)

no image

iQOO Proと思われる5Gスマートフォン vivo V1916Aが工信部ウェブサイトに登場

vivo NEX 3 5G発表 6.89 inch Waterfall Fullview Display、Snapdragon 855 Plus搭載

iQOO V1955AがTENAAに登場 Snapdragon 865を搭載する新型の5Gスマートフォン

Antutu、iQOO 3のベンチマークを公開 スコアは59万超え

vivo V1913A / V1913Tのデザインや一部仕様が明らかに

vivo APEX 2019のティーザー公開 1/24発表

iQOO 3、48MPクアッドカメラと人の目を追跡する機能を搭載