Meizu、ホールレススマートフォンMeizu Zeroのクラウドファンディングについてアナウンス

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

Meizuは、コンセプトモデル「Meizu Zero」のクラウドファンディングについてアナウンスしました。詳しい情報は明らかになっていないものの、1/30にIndiegogoで何らかのページが公開され、クラウドファンディングを開始する模様です。

 

スポンサードリンク

Meizu公式アナウンス

魅族科技の公式Weiboでは、上記のようなアナウンスが投稿されています。

Meizu Zeroは、スマートフォンに必要不可欠だった充電端子、SIMスロット、物理ボタン、スピーカー穴を搭載していません。スマートフォンや端末にある”穴”を取り除き、SIMカードはeSIMをサポート、急速充電の18W Super mCharge Wireless、スピーカーを搭載しない代わりにディスプレイから音を出すmSound 2.0をサポートしています。外部機器との接続は、Bluetooth 5.0とワイヤレスで行います。

このようにMeizu Zeroはシームレスなセラミックユニボディ設計に仕上げられ、IP68保護等級の防水防塵もサポートしています。

その他スペックは、ディスプレイに5.99 inch Flexible AMOLED、Meizu 16thシリーズと同様に指紋センサーも搭載します。
SoCにはQualcomm Snapdragon 845、LPDDR4Xを採用、カメラはSony IMX380+Sony IMX350の組み合わせのAIデュアルカメラと20MPフロントカメラを載せています。

Meizu ZeroのIndiegogoでの出資額(販売価格)などは明らかになっていません。

Weibo

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

no image

Meizu 16s スペック・価格・販売サイト

Meizu Zeroの価格は1299ドル~ 1/30からIndiegogoでクラウドファンディング開始

[Meizu] Qualcomm Snapdragon 636搭載のMeizu E3を発表

no image

48MPカメラ搭載のMeizu M923QがTENAAに登場

Meizu 15 / 15 Plusを発表 Snapdragon 660 / Exynos 8895搭載

Meizu、充電端子を搭載しないスマートフォン Meizu Zeroを発表

「Meizu 16X」 わずか2098元でSDM710と画面指紋を搭載

Meizu 16シリーズは8/8に発表 画面指紋搭載

Meizu Note 9発表 Snapdragon 675、48MP+5MPデュアルカメラ搭載