OnePlus、独自のAMOLEDディスプレイ「120 Hz Fluid Display」を発表

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

OnePlusは1月13日に中国で、自社スマートフォンに搭載予定の新しいAMOLEDディスプレイ「120 Hz Fluid Display」を開発したことを明らかにしました。

120 Hz Fluid Displayは、MEMC技術を採用したリフレッシュレート120Hzに対応するAMOLEDで、タッチサンプリングレートも業界最高の240 Hzに対応した最新のディスプレイです。
このディスプレイが2020年に発売されるOnePlusスマートフォンに搭載されることが期待されます。

 

スポンサードリンク

2020年の注目すべき最高のディスプレイ

120 Hz Fluid Displayは90Hz Fluid Displayに続き、サムスンディスプレイを協力して開発された独自のAMOLEDディスプレイです。1000nit以上の輝度(ピーク時)と長い寿命を誇る最新の有機発光材料を使用しており、タッチサンプリングレートを業界最高の240 Hzに上げることによって応答性に優れたタッチ体験を実現しています。

上記以外に、他の高リフレッシュレートディスプレイよりも優れた単一フレームのレンダリング速度(フレーム毎8.3ms)が挙げられます。OnePlusは、レンダリング速度を7%向上させる独自の最適化ソリューションを開発し、テストではクリックとスクロールレスポンスおよび精度に関して既存するディスプレイよりも優れていると公表しています。

 

この120Hzディスプレイは、主要のアプリケーションで最大限に活用できるように最適化される模様で、120Hzディスプレイを活用するにあたり大きな課題となっているビデオ再生では、スマートフォンに搭載することが難しいハイエンドテレビで搭載されているMEMC技術を内蔵し、24fps / 30 fpsで製作されたコンテンツを60 fps / 120 fpsで再生できるように対処しています。
これにより、フレームレートを少ない消費電力で60fpsや120fpsに上げることが可能になっています。

 

10bitカラーに対応している120Hzディスプレイの色表示に関して、デザイナー、写真家、クリエイターが編集できるほどの精度を誇っており、DisplayMateが使用する基準 JNCD(Just Noticeable Color Differenceの略で色精度の基準、数値が低いほど良い)で、0.8という数値を達成し、画像からわかるようにiPhone 11 Pro Maxよりも優れた値です。
また、スマートフォンでサポートしている64倍の色となる1024階調と10億7000万色を提供します。

2020年は、5Gスマートフォンが各メーカーから多くリリースされることは間違いありませんが、高リフレッシュレートを採用する端末も増えてきており、ユーザー体験に直結する部分での争いも激化してくることは間違いなさそうです。

OnePlusは、従来通りなら数ヵ月後に新機種(OnePlus 8シリーズ?)を発表すると思われます。この120 Hz Fluid Displayがユーザーにとってどのような利益を生むか非常に注目です。

Source : OnePlus / Weibo(画像)

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

 

この記事をシェアする

関連記事

OnePlus Launcher 4.1.0、ランチャーレイアウトと歩数測定機能が追加

OnePlus 6T McLaren Edition発表 10GB RAM、Warp Charge 30サポート

OnePlus 6、5/17に北京で発表

OnePlus 6TにはIn-Display Fingerprint Sensorが搭載される

OnePlus、「OnePlus 6T」を10/30に発表

OnePlus 6 / 6T向けOxygenOS Open Beta 1(Android 10)リリース

OnePlus Concept Oneのティーザーが公開 隠されたカメラが特徴か

OnePlus 6T、イヤホンジャックは非搭載の模様

OnePlus 6 8GB/128GBに”Red”カラーが追加 中国では7/9から販売