OPPO、Rシリーズの新モデル「R17 / R17 Pro」を発表 R17 Proは12MP+20MP+TOF 3Dカメラ搭載

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

OPPOは、8/23に上海で新製品発表を行い「OPPO R17 / R17 Pro」を発表しました。
このスマートフォンは、R15 / R15 Pro(梦镜版)の後継機にあたる機種となっており、極小ノッチやSnapdragon 670 / 710を搭載しています。

 

スポンサードリンク

R17 /R17 Pro仕様

 

 R17R17 Pro
OSColorOS 5.2 Android 8.1ColorOS 5.2.1 Android 8.1
Display6.4 inch 2340 1080 FHD+AMOLED
Corning Gorilla Glass 6
コントラスト比 60000:1
402ppi
6.4 inch 2340 1080 FHD+ AMOLED
Corning Gorilla Glass 6
コントラスト比 60000:1
402ppi
SoCQualcomm Snapdragon 670 2.0GHz Octa CoreQualcomm Snapdragon 710 2.2GHz Octa Core
GPUAdreno 615Adreno 616
RAM / ROM6GB/128GB
8GB/128GB
6GB/128GB
8GB/128GB
リアカメラ16MP(f/1.7)+5MP(f/2.4)
12MP(f/1.5,f/2.4)+20MP(f/2.6)+TOF
フロントカメラ25MP(f/2.0)25MP(f/2.0)
ネットワークGSM 850 / 900 / 1800 / 1900MHz
CDMA BC0 (800MHz)
WCDMA B1 / B2 / B4 / B5 / B8
TD-SCDMA 1900(f) / 2000(a)MHz
CDMA BC0 (800MHz)
FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B8(全网通版)
B1 / B2 / B3 / B4 / B5 /B7/ B8(移动版)
TD-LTE B34 / B38 / B39 / B40 / B41(100M)
GSM 850 / 900 / 1800 / 1900MHz
CDMA BC0 (800MHz)
WCDMA B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
TD-SCDMA 1900(f)/2000(a)MHz
CDMA2000 BC0(800MHz)
FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7
B8 / B12 / B13
B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 / B28
TD-LTE B34 / B38 / B39 / B40 / B41(120M)
その他Bluetooth 5.0
3.5mmイヤホンジャック
In-Display Fingerprint
Bluetooth 5.0
In-Display Fingerprint
バッテリー3500mAh
VOOC Flash Charge
USB 2.0
3700mAh
SuperVOOC Flash Charge
Type-C 3.1
サイズ157.5 x 74.9 7.5mm157.6 x 74.6 x 7.9mm
重量182g183g
価格6GB/128GB 3199元(465ドル)
8GB/128GB 3499元(509ドル)
6GB/128GB 3999元(576ドル)
8GB/128GB 4299元(625ドル)

 

OPPO R17

主なスペックは既にウェブサイト上で公開、3色のグラデーションカラーを採用したデザインとなっています。
F9でも採用されている”Waterdrop Screen”と呼ばれる小さいノッチを採用した6.4 inch 2340 1080 FHD+AMOLED (Corning Gorilla Glass 6)を搭載します。狭額縁の画面は91.5%を占め、ノッチ部には25MPフロントカメラと光センサーが配置されています。

OSには最新のColorOS 5.2、10nm SoC Snapdragon 670 2.0GHz Octa Core、最大8GB RAM/128GB ROM、25MPフロントカメラ、16MP(f/1.7)+5MP(f/2.4) AIデュアルカメラ、VOOC Flash Chargeをサポートし3500mAhバッテリーを搭載しています。

 

スペックはR15からアップグレードされており、中でもIn-Display Fingerpritntを搭載しているのが特徴です。光学式のIn-Display FingerpritntをOPPOスマートフォンでは初搭載します。IT之家の記事によるとCMOSを用いたセンサーになっている模様、ロック解除に掛かる時間は0.41秒ほどと記載されています。

R17は既に予約販売が開始され、8GB/128GB 流光蓝 / 霓光紫の価格は3499元(509ドル)、 雾光渐变色は3599元(523ドル)で8/30から正式販売されます。また、6GB/128GBは3199元(465ドル)で9/7から販売されます。

 

OPPO R17 Pro

 

R17 Proは、R17よりも高性能なモデルとして販売されます。
6.4 inch 2340 1080 FHD+ AMOLEDや8GB RAM/128GB ROMを搭載するなど基本的な仕様は変わりませんが、Qualcomm Snapdragon 710を搭載し、カメラの仕様が大幅に異なります。
リアカメラには、12MP(f/1.5,f/2.4)+20MP(f/2.6)が搭載され、Galaxy S9 / S9+のように低照度などシーンによって光の量を調節し、切り替えることができるスマートアパーチャーを備えています。また、光学手振れ補正(OIS)、ARもサポートしています。
さらに、2つのリアカメラに加え、2D時代から3D時代に押し上げるTOF技術を用いた3Dカメラを搭載しています。これを利用して3Dモデリングも可能です。

このモデルは、OPPO Find Xで採用されたSuperVOOC Flash Chargeもサポートします。SuperVOOCは、3700mAhバッテリーを僅か10分で40%まで充電できる独自規格の急速充電です。
また、Type-CやFDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B13 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 / B28に対応しています。

R17 Proは4299元(625ドル)で10月中旬に発売されます。

 

Source / via

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

OPPO、グロバーバル向けReno(CPH1917) / Reno 10x Zoom(CPH1919)の仕様公開

インドで発表されるOPPO Reno3 Proのスペックがリーク Helio P95を搭載か

OPPO Find X2の実機がリーク QHD+ リフレッシュレート120Hzディスプレイを搭載

OPPO PBAT00 / PBAM00が工信部の認証を通過

オッポジャパン、3万円台でディスプレイ指紋センサーを搭載した「OPPO R17 Neo」発表 11月下旬発売

OPPOサブブランド”Realme” Realme 1をインドで発表 Helio P60搭載で価格はRs 8,990(約132ドル)~

no image

OPPO PCAT10 / PCAM10が認証通過 6.5 inchディスプレイ・16MP+2MPデュアルカメラ搭載

オッポジャパン、12月1日から集荷修理サービスを開始 より便利に修理が可能に

[OPPO] ノッチを採用したOPPO F7の発表間近か