OPPO Find Xのケース選びは結構苦戦する

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

OPPO Find Xを1週間程度使用しているのですが、新製品+特殊な本体デザインとなっている為、ケース選びにかなり苦戦しています。先日、中国から一つケースを輸入したのですが、やはりケースは限られます。

Find Xの特徴である上部のポップアップ式カメラ部は、真新しいさを感じる部分ながらかなり奇抜な設計となっていて、保護するケースはほぼ無いと思います。形状的に難しいのかもしれません。(全て確認したわけではない)
タオバオやAliexpressなどECサイトを探しても本体全てを覆うケースはなく、発売直後という事もあって、ケースのバリエーションも少ない状態です。選ばなければ豊富とも言えますが、美しいグラデーションカラー生かせるケースは、形状的にバンパーは厳しく、純正かクリアケースのみです。
特に気にしない方なら問題はないと思いますが、クリアケースはボタン部が切り抜かれている物が多く、ボタンに傷つくか気になって仕方無いという方は、選択肢は限られてきます。(私はこれです)

 

そして、上記の画像のケースが届いたばかりの物。どうでしょうか。ケースのデザイン自体は良いと思いますが、Find Xのせっかくのデザインが台無しです。ただ、装着してみると質感は悪くなく(寧ろいい)、切り抜きは正確でボタンも純正ケースよりも押しやすい、フレーム部は滑り止め加工してあり、非常に良いです。1週間程度で到着し、これで3ドルなら安いと言えます。(キャンバス風ななのでバンカーリングも装着可能)
これ以外にも、ガラス製のグラデーションカラーケースやPC製のケースなども販売されています。ケースでなければスキンシートは数週間の間に増えており、全面保護できる物はあります。

Find Xはデザイン的に仕方ないと思いますが、中国製で言えばやはりOnePlusやXiaomiなどアクセサリー類は豊富ですね。
これから購入を検討している方でケースなどもこだわりたいという方は、まずアクセサリー類から探してみるといいかもしれません。付属しているケースで十分という方は問題ないと思いますが…
Find Xは8月からヨーロッパでも販売されるので、ケースの種類が増えることを期待して待ちたいと思います。

保護ガラスに関しては、Galaxyスマートフォンの様にディスプレイがカーブしているので、9月中旬に発売予定のWhitestone DOMEが販売する保護ガラスを待った方が良いかもしれません。DOME Glassは、UVライトで液体を硬化させる方法でほぼ全面を保護することができます。評判もいいので、純正フィルムを剥がして安いガラスを買い失敗したという事になるよりもいいと思います。

*全ての商品を探したわけではありません。参考までに。

 

OPPO Find X 8GB/128GB
クーポン GBJPOPPE フラッシュセール価格 854.99ドル 10回限定 8/13まで
[blogcard url=”https://www.gearbest.com/cell-phones/pp_009448673065.html?wid=1433363&lkid=15124205″]

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

OPPO、Helio P60搭載の「OPPO F9」発表

OPPO R17 Pro(PBEM00)はSDM710搭載か

OPPO、ピカチュウの保護ケースやSuperVOOC Flash Charge対応のモバイルバッテリーを発売

Amazonサイバーマンデー OPPO Find Xが99,980円、R15 Proは63,880円(Lineモバイル SIMセット)

OPPO R17 Proは背面に3つのレンズを搭載 ティーザー公開

OPPO Reno3シリーズに低価格なReno3 元気版が追加 価格は2999元(428ドル)

OPPO Find Xグローバル発表イベントはフランス パリに決定 6/19に開催

OPPO Reno3とみられるPDCM00 / PDCT00がTENAAに登場

OPPO Find X2シリーズの国際保証に日本も追加 発表はいつ?