OPPO K5発表 64MPクアッドカメラ、Snapdragon 730G搭載で価格は1899元(267ドル)から

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

OPPOは、10/10に中国で新製品発表イベントを行い、Reno Aceというハイエンド機と同時にKシリーズの最新モデル「OPPO K5」を発表しました。

K5は、これまで通りミッドレンジスマートフォンとして発表され、 Snapdragon 730G、4000mAhバッテリー、64MP(f/1.8)+8MP(f/2.2)+2MP(f/2.4)+2MP(f/2.4)クアッドカメラを備えています。

 

OPPO K3からアップグレードされた主な性能

  • プロセッサーがSnapdragon 710からSnapdragon 730G
  • VOOC 3.0からVOOC 4.0にアップグレード
  • 3765mAhバッテリーから4000mAhバッテリー
  • 64MP(f/1.8)+8MP(f/2.2)+2MP(f/2.4)+2MP(f/2.4)クアッドカメラ

 

スポンサードリンク

OPPO K5

OPPO K3はノッチレスのフルスクリーンを備えたミッドレンジスマートフォンとして発表されましたが、K5は19.5:9 6.5 inch 2340 × 1080 AMOLEDを搭載したスマートフォンです。画面上部には水滴ノッチが搭載され、K3とは異なるディスプレイを採用していますが、K3と同様に画面下に指紋センサーを内蔵します。

本体は158.7 × 75.16 × 8.55mm、重量は約182gとポップアップフロントカメラを備えたK3よりも薄型軽量デザインとなり、カラーは极地阳光 / 奇幻森林と赛博金属のグラデーションカラーが展開されます。

プロセッサーはQualcomm Snapdragon 730G Octa Core、6GB/128GB、8GB/128GB、8GB/256GBを内蔵する3つのモデルが展開され、4000mAhバッテリーや最新の独自急速充電30W VOOC 4.0をサポートします。そのVOOC 4.0は、4000mAhバッテリーを30分で67%、73分で100%まで充電でき、VOOC 3.0から12%程度充電時間が短縮されます。

 

カメラは、背面に4つのレンズを備えるクアッドカメラ仕様で、メインカメラから64MP(f/1.8,)+8MP(f/2.2)+2MP(f/2.4)+2MP(f/2.4)の組み合わせになります。64MPは、1/1.7インチセンサー、4 in 1ピクセル、f/1.8口径で、高解像度での出力ができます。
また、そのほかのカメラは119°超広角、白黒、ポートレート用のカメラが搭載され、フロントカメラには32MPが採用されています。

その他には、Dolby Atmos、3.5mmイヤホンジャック、Type-C、Dual SIMを搭載します。

価格は6GB/128GB 1899元(267ドル)、 8GB/128GB 2099元(295ドル)、 8GB/256GB 2499元(351ドル)に設定され、10/17から販売が開始されます。

OPPO(中国語)

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

4/10発表のOPPO Renoは複数モデルを展開か

オッポジャパン、R17 ProとAX7の2週間お試しサービス開始(現在停止中)

OPPO F9の実機リーク ベトナムでは8/15に発表される模様

オッポジャパン、12月1日から集荷修理サービスを開始 より便利に修理が可能に

no image

OPPO PCGM00は”OPPO K3″として発売か

OPPO、インドでサブブランド”Realme”を立上げ 新機種Realme 1を5/15からAmazon Indiaで発売

5/23発表のOPPO K3は1X99元から販売

no image

OPPO、30W VOOC 4.0と30W VOOCワイヤレス充電技術を公開 VOOC 4.0は10月発表のOPPO K5に搭載

OPPO Reno 10x Zoom 1ヵ月レビュー : これからも長く使いたいスマートフォンの一つに