Poco X2はRedmi K30 4Gモデルのリブランドモデルの可能性が高まる

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

1月16日に、Geekbench browserでXiaomi Poco X2というモデルが確認されたことを記事にしました。その時点ではPoco X2というモデルがphoenixinというも機種名が付けられていること以外、有力な情報はありませんでした。

しかし、xdaによるとphoenixin ROMがインストールされたRedmi K30 4Gモデルを入手したことを伝えており、そのモデル名にはPoco X2という文字を確認することができます。

 

スポンサードリンク

現時点でのPoco X2の噂

新たに明らかになったPoco X2の情報は、xdaのユーザーによって公開されました。
これによると、phoenixin ROMがインストールされたRedmi K30 4Gモデルを入手したことが記載されており、その端末で撮影されたスクリーンショットなどが公開されています。

そのスクリーンショットには、Poco X2というモデル名とRedmiというデバイス名が確認され、MIUI VersionはPoco向けという表記はないものの、Global向けにリリースされたソフトウェアがインストールされています。

 

また、Geekbench 5で測定されたPoco X2のベンチマークスコアを確認することができます。

上記の画像はPoco X2というモデル名の端末とRedmi K30のベンチマークスコアです。RedmiからリリースされているRedmi K30 4Gモデルはphoenixというモデル名が付けられています。対して、今回確認されたPoco X2は、phoenixinというモデル名となっており、偽装等の細工でなければ、Poco X2がインドで発売されれるモデルである可能性が高いです。

これと関連があると思われる情報として、91mobilesが新たにBIS認証のWebサイトでM1912G7BIというモデルを発見しています。
M1912G7BIは、BIS認証の情報によってインド向けのPocoスマートフォンであることがわかっていますが、このモデル名は中国で発売されているRedmi K30 4GのM1912G7BC / M1912G7BEと語尾の”I”と”C / E”を除いて同一です。この語尾のアルファベットは、中国と欧州およびインドを示しているようです。

これらの情報から、Poco X2というモデルはRedmi K30 4Gバージョンのリブランドモデルの可能性が高いと予測できます。ただし、確定するだけの情報は今のところなく、XiaomiやPocoからは今のところ有力なアナウンスもありません。
このスマートフォンが、インドに加えて世界的に発売されるかは今後のアナウンス待ちです。

Source : xda / 91mobiles

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

Xiaomi CEO Lei Jun氏、1/10発表のRedmiスマートフォンの実機を公開

Redmi K30シリーズのティーザーが続々と公開 背面デザインも明らかに

Redmi 8A : Sony IMX363を搭載したエントリーモデル 価格はRs. 6,499(91ドル)から

OPPO / vivo / Xiaomiが新たなデータ送信機能発表 異なるブランド間でもワンクリックで相互送信が可能に

5300mAh大容量バッテリー搭載しQuick Charge 3.0 急速充電に対応したXiaomi Mi Max 2が到着 開封&ファーストインプレッション

no image

Xiaomi Redmi Note 7 Pro スペック・価格・販売サイト

Xiaomi PocophoneのTwitterアカウントが登場

Xiaomi、完全ワイヤレスイヤホンBluetooth Headset Air(小米蓝牙耳机Air)を発表 価格は399元(58ドル)

Redmi K30 ProがGeekbenchに登場 マルチコアスコアは3300越え