Wi-Fi,Bluetoothで接続可能なXiaomi Mi Smart Network Speakerレビュー 高性能で中国向けコンテンツが充実

この記事をシェアする

スポンサードリンク

Xiaomiスピーカーと言えば、低価格で販売されているBluetoothスピーカーが思いつきますが、Xiaomi Mi Smart Network Speakerも注目です。
このスピーカーは、349元(約5500円)で他のスピーカーよりも少し高く、Wi-Fi/Bluetoothでの接続が可能で、専用アプリでの音楽再生や子供向けの童話、FMラジオなどを再生することができます。さらに、BluetoothやAUX端子、8GB内蔵ストレージまで搭載と高機能なスピーカーになっています。

音質を伝えることは難しいですが、スペックと併せてレビューしていきたいと思います。

公式サイト

レビュー対象製品
Xiaomi Mi Smart Network Speaker White (Gearbestからの提供品でレビューを行っています。)

ボックス&付属品


派手な赤に中国語で製品の説明や専用アプリのダウンロードQRコードなどが載せられています。このパッケージは限定生産のようです。
思ったより大きめで、パッケージを含めると重さは約2.5kgほどあります。付属品はシンプルで1枚の説明書とメガネ型電源コードのみ(プラグの形状がことなるので、そのままでは日本での使用不可) 

写真↓

本体画像


本体はシンプルなWhiteでずっしりとした重さがあります。電源やUSB,AUX端子は後ろ側にあるので、ベット横やデスクの上に置いても邪魔にならないデザインになっています。
上部には、電源ボタン,CHボタン,Playボタン,音量と巻き戻し早送りボタンがあります。ほとんどの操作は専用アプリを介して行われるので、かなりシンプルです。

サイズ 横282x縦95x高さ90mm 
重さ 1622g(メーカー測定)

写真↓

仕様


このスピーカーはWi-Fi(802.11b/g/n/ac),Bluetooth v4.1(A2DP)が主な接続方法となっています。AUXでの接続もでき、Android,iPhone,PC,音楽プレーヤーなど様々な端末に対応しています。
スピーカーには、剛性で歪みを軽減させた2.5インチのサブウーファー x2,シルクドームツイーター,Inverted bass duct technologyを採用することで低音もしっかり出るように仕上げられています。スピーカーは計4つ搭載されています。(24bit/192kHz,60-25kHz)

内蔵ストレージは8GB(6.53GB)とスピーカー内部にも音楽を保存することも可能で、背面にあるUSB端子に接続することでさらに拡張性が増します。内蔵メモリによりオフラインでも音楽再生ができるようになっています。Bluetooth/AUXを介せばサードパーティ製アプリでの音楽再生も可能。4つもの音声が内蔵されており、音声品質も向上。

専用アプリ


XiaomiからリリースされているMi Speaker appをインストールして使用することで、Wi-Fiを介して音楽再生やFMラジオ、オーディオブックなどのチャンネルなど様々なコンテンツにアクセス可能。Xiaomiらしいシンプルなアプリで、主に中国向けコンテンツですが、各国のチャートの曲(一部)などを聴くこともできます。アプリ内は主に英語で、ライブラリなどは中国語表示になっています。

初期設定


Mi Speaker appをインストールし開くとAdd Speakerという項目が表示されます。指示に従い同期してきます。設定中や完了時に中国語の音声が流れますが、わからないので無視して構いません。特に難しいことはなく、Wi-Fiパスワードを入力し数秒待つと完了します。Miアカウントの入力もありますが、スキップできます。
本体に電源ボタンがありますが、アプリを開いて再生ボタンを押すと自動的に電源がオン
になります。Bluetooth接続する場合は別途ペアリングが必要です。

改めて初期設定する場合はプレイボタンを長押し(電源ボタンのLEDが赤点滅)することで同期することができます。

写真↓

設定

スピーカーのイコライザやスケジュールでの電源オンオフなど各種設定はアプリ上ですべて行います。スケジュールでの電源オフは、今すぐオフ~5/10/20/30/60/90分と設定ができ、曲の番号でも設定できます。(アラームでは細かくに設定可能)
イコライザはプリセットが用意されていて、カスタムすることも可能です。ファームウェアアップデートもこのアプリ内から行います。


MacやWindowsからリモートコントロールもできます。

ライブラリ/チャンネル

アプリ内でチャンネルを作ることができ、CHボタンを押すことでワンタッチでチャンネルを切り替えます。アプリ内の音楽や端末の音楽、スピーカー内の音楽が登録可能で、USB経由での音楽転送もできます。
FMラジオは中国向けで約31のチャンネルが登録され、Party用の音楽や用途に合わせた音楽も用意されており、活用の幅が広がっています。

目覚まし/スケジュール

目覚ましやスケジュールでの電源オンオフの項目をチェックしていきます。
アラームや内蔵音楽を選択し、設定内のスケジュールでの電源オフよりも細かいく指定できます。特に難しいことはないですが、一つ注意が必要です。
スマートフォンのシステム時刻と関係なく、中国の時間での設定が必要です。これはスピーカーのファームウェア自体で時刻設定がされているのか、スマートフォン側の設定を見直しても変更することができませんでした。
日本と中国は1時間の時差があります。

サンプル


レコーダーで音を録音してみました。実際の音とは違いがありますので参考程度にお聞きください。*撮影時にノイズなどが入っています。
録音音質 256kbps,48kHz

 

 

全体的な使用感


音質とパワーは文句なしで、低中高としっかり鳴ります。低音に関しては深みがあり、品質はかなりいいと思います。Bose SoundLink Mini Bluetooth speakerを使用したことがありますが、個人的にはそれよりもクリアで中音域も鳴り、分厚い音が鳴ります。インテリアとしての役割も果たせるデザイン性も魅力的です。1万円以下で買えるスピーカーとは思えない出来です。
アプリ上で再生している音楽に関しては、部屋で音楽を聴く程度の音量を設定したのですが、細かな音量設定ができず、ちょうどいい音量に設定できない点が残念なところです。 (BluetoothやAUXなどで再生している場合は問題なし) 少しサイズがあるので、置く場所を選んでしまうかもしれません。
実にXiaomiらしい製品で、アプリを使用することで簡単に操作できる為、ほとんど難しいことはありません。中国語と英語表記なので日本語化されていない点は注意が必要です。Mi Homeアプリには対応していないようです。

チャンネルのコンテンツはもちろん中国向けとなっています。ネットワークを利用したコンテンツは限られてくると思いますが、スピーカーとしての性能は文句はありません。7月にAi Speakerも発表されたので、今後のXiaomiスピーカーも要チェックです。

Xiaomi Mi Smart Network Speakerを購入する


現在、Gearbestではフラッシュセール中で7768円に値下げされています。在庫もあるようなのですぐ発送される商品です。気になった方は是非チェックしてみてください。Japan priority Lineでの発送だと727円別途かかりますが、到着も低価格発送よりも速くなります。

Xiaomi Mi Smart Network Speakerの詳細や購入はこちら

 

この記事をシェアする

関連記事

Xiaomi、21機種にMIUI 10 China Stable ROMをリリース

2/28にインドでRedmi Note 7発表

Android One Mi A1のベース機となったデュアルカメラ搭載機 Xiaomi Mi 5Xレビュー

[Xiaomi] Xiaomi Redmi Note 5 Redカラーのポスターを公開

[Black Shark] Xiaomi投資のゲーミングスマートフォン Black Sharkは4/13発表か

Xiaomi Mi 10は108MPクアッドカメラ搭載 8KビデオやHEIFフォーマットに対応

2/9に日本で発売したOPPO R11sを購入

Xiaomi、新機種「Xiaomi Mi Play」を発表 5.84 inchディスプレイ、Helio P35搭載 価格は1099元(160ドル)

[Xiaomi] Redmi Note 5(Note 5 Pro)を3/16に中国で発表 Android 8.1搭載か