10/15に発表されるrealme X2 Proの実機が公開

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

ヨーロッパと中国で10/15に発表される予定の同社初のハイエンド機「realme X2 Pro」の実機がWeiboで公開されました。

このモデルに関しては既に公式ページでも一部仕様が公開されており、リフレッシュレート90Hzディスプレイ、Qualcomm Snapdragon 855 Plus、64MPクアッドカメラが搭載されることがわかっています。

 

スポンサードリンク

realme X2 Pro実機

今回公開された画像からは多くの情報が確認できるわけではないですが、@徐起Chaseが投稿した画像と文章から、本体カラーは海神(ポセイドン)という名称が付けられています。

また、本体には4つのリアカメラが搭載され、ブランドロゴはrealme Xオニオンやガーリックのような位置に配置されています。
カメラは、realme Europeの公式ウェブサイトには64MPセンサーと115°超広角、望遠、ポートレートレンズの組み合わせのクアッドカメラという記載があり、20倍ズームをサポートします。

その他にも、他社ハイエンド機に劣らないリフレッシュレート90Hzディスプレイ、Qualcomm Snapdragon 855 Plus、50W SuperVOOC Flash Chargeを備えています。

 

中国でもrealme X2 Proが発表されることは10/8付でアナウンスされており、9/18にはRMX1931というモデルが工信部(工業和信息化部 : MIIT)データベース上に掲載されています。(本日投稿された画像と工信部に掲載されている画像は一部異なっています)

このモデルは、公式ウェブサイトに掲載されているように、2.96GHz Octa Coreプロセッサー、64MP+13MP+8MP+2MPクアッドカメラ、ディスプレイ指紋センサーを備えています。さらに、Android 9、6.5 inch 2400 × 1080 AMOLED、6GB RAM / 64GB ROM、16MPフロントカメラ、3倍光学ズーム、1950mAhバッテリー(恐らく同容量のバッテリーがもう一つ内蔵)を搭載しています。

このページですべての情報が確認できるわけではないので何とも言えませんが、64GB ROMモデルが発売されるのであれば、対抗機になるRedmi K20 Pro(Mi 9T Pro)やOnePlus 7Tなどのスマートフォンに近い価格か、より低価格で発売される可能性があります。

TENAA / Weibo

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

realme、5Gフラッグシップスマートフォンを今月末に発表か

Realme、中国市場参入を正式に発表

realme RMX1991のデザインと一部仕様が判明

realme、64MPクアッドカメラ搭載のrealme XTをインドで発表。Snapdragon 730G搭載モデルも公開

realme X2 Pro : 90Hzディスプレイ、Snapdragon 855 Plus、64MPクアッドカメラのハイエンド仕様で価格は2699元(381ドル)から

Realmeの2モデル(RMX1851 / RMX1901)が中国の認証を通過

OPPOサブブランド”Realme” Realme 1をインドで発表 Helio P60搭載で価格はRs 8,990(約132ドル)~

Realme U1 世界初 Helio P70搭載のセルフィー強化モデル 価格は170ドル~

realme、Snapdragon 730Gや64MPクアッドカメラ搭載のrealme X2を中国で発表