realme X50 Pro 5Gスマートフォンは64MPクアッドカメラを搭載

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

2月24日にグローバル向けに発表される予定のrealme X50 Proのカメラ構成が公開され、背面には64MPクアッドカメラが搭載されます。

このX50 Proは、Snapdragon 865を備える5Gスマートフォンで中国以外にもヨーロッパやインドでもリリースされる予定です。

 

スポンサードリンク

64MPクアッドカメラを搭載

2月17日、X50 Proの最新情報が公式ウェブサイトなどで更新されました。

X50 Proは、前面にある2つのパンチホールカメラに加えて、背面に4つのカメラを搭載します。このカメラは、メインに64MPセンサーを備えることがわかっており、X2 Proと同様のSamsung GW1センサーの可能性が高いです。

というのも、X50 ProはX2 Proと同様に20倍ハイブリッドズームをサポートすることが併せて公開されており、より低価格に抑えるならメインカメラをX2 ProのGW1から変更する可能性は低いと思われます。

 

出典 : @徐起Chase(X50 Proで撮影)

既に、X50 Proを使用して撮影した画像がTwiiterでも公開され、realme副社長の@徐起Chase氏は、カメラ機能について、数世代のアルゴリズムの継続的な最適化、20倍ハイブリッドズーム、UIS Maxスーパービデオ安定化、超広角ビデオ / ポートレートビデオ、強力な夜景モードを搭載していることを投稿しています。

 

realme X50 Proのスペック

昨日記事にしたように、X50 Proは全てのモデルでE3発光素材を使用したSamsung Super AMOLEDを採用し、ディスプレイはリフレッシュレート90Hzに対応します。

また、デュアルモード5GをサポートしたQualcommの現行の最上位プロセッサとなるSnapdragon 865と最大12GB LPDDR5 RAMを搭載、エンジニアリングマシンで測定されたAntutuベンチマークでは57万を超えるスコアを記録しています。

充電についても新たな65W SuperDartという急速充電をサポートします。充電器にコンパクトで効率的で発熱が少ないのが特徴のGaN(窒化ガリウム)を使用したものが付属する模様です。

realmeのハイエンドモデルは、なんと言っても高性能で低価格というのが特徴です。発売中のX2 Proは、Snapdragon 855 Plusやリフレッシュレート90Hzディスプレイ、64MPクアッドカメラを搭載しながらも、中国では最低構成で2699元(381ドル)という価格設定です。

RedmiやHonor等の対抗ブランドとして、発表予定のX50 Proを含め今後が期待されます。

新製品発表イベントに関してはこのページからアクセスできます。

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

Realme、中国市場参入を正式に発表

realme、64MPセンサーを含むクアッドカメラで撮影した写真を公開

OPPO Reno Ace / OnePlus 7T / realme X2 Proスペック・価格比較

Realme新機種はポップアップカメラを搭載か

Realme U1 世界初 Helio P70搭載のセルフィー強化モデル 価格は170ドル~

realme、64MPクアッドカメラ搭載のrealme XTをインドで発表。Snapdragon 730G搭載モデルも公開

Realme 3発表 Helio P70、ColorOS 6搭載

realme、Snapdragon 730Gや64MPクアッドカメラ搭載のrealme X2を中国で発表

インドで発表されたrealme 6 / 6 Proのスペックや価格