Redmi 8シリーズに搭載したSnapdragon 439とSnapdragon 625のベンチマーク比較

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

10/14に中国で発表されたRedmi 8シリーズに搭載されるプロセッサー「Snapdragon 439」と、Xiaomiスマートフォンでも多くのモデルで採用されたSnapdragon 625のAntutuベンチマークスコアの比較が公開されました。

Redmi 8 / 8Aはエントリーモデルとして発売され、トレンドの水滴ノッチディスプレイや5000mAhバッテリー、18W急速充電をサポートし、8Aは699元(98ドル)、8は799元(113ドル)という値段が付けられています。

 

スポンサードリンク

ベンチマークスコアではSnapdragon 625と同等

今回、Redmiのゼネラルマネージャー卢伟冰氏は、XiaomiやRedmiのミッドレンジスマートフォンでも多く使われたSnapdragon 625と、Redmi 7A / Redmi 8シリーズに搭載されたSnapdragon 439をAntutuベンチマークで比較しています。
比較に用いたSnapdragon 625は、上記の画像の通りRedmi 6 Proのものです(その他にも多数のデバイスに搭載)。

どちらも10万点に迫るスコアを記録し、Antutuベンチマーク上ではほどんど差がないプロセッサーになっています。
このベンチマークから読み取れるものは性能の目安となる数字だけですが、Redmi 8は5000mAhバッテリーを備え、最長31日間のスタンバイが可能になっています。これは、Snapdragon 439の12nm FinFETのバッテリー効率によるもので、Qualcomm公式ウェブサイトにも記載されているように、大容量バッテリーや省電力パフォーマンスを特徴にするスマートフォンに最適のプロセッサーのようです。

 

出典 Qualcomm

Redmi 8シリーズに搭載されたプロセッサーとはどのクラスかというと、Snapdragon 2xxとSnapdragon 6xxの中間に位置するプロセッサーで、主にエントリーモデルに搭載されます。

プロセッサーは12nm FinFET設計で、CPUはARM Cortex A53が8基、最大動作周波数は2.0GHz、Snapdragon 435と同様のAdreno 505 GPU搭載します。加えて、Wi-Fi 802.11a/b/g/n/acと、Snapdragon X6 LTE modemを搭載していることで、DSDVや下り最大150Mbpsと上り最大75MbpsのLTE通信をサポートします。

両プロセッサーを簡単に比較してみると、同様に最大2.0GHznoARM Cortex A53 Octa Core CPUと、ISP(2x Image Signal Processor)、Quick Charge 3.0をサポートしており、GPU・DSP・ネットワーク・カメラ・ディスプレイ解像度・USBバージョンなどはSnapdragon 625が優れています。
対してSnapdragon 439は、12nm FinFET設計・Bluetooth 5.0・Quick Charge 3.0をサポートし、エントリーモデル向けながらもそこまで古くないプロセッサーにも劣らない仕様になっていることがわかります。

ベンチマークから日々使うスマートフォンの快適さというのは計れない部分ではありますが、Snapdragon 4xxシリーズも年々性能が上がってきており、数年前までのミッドレンジスマートフォン並みになっています。
同じプロセッサーのRedmi 7AやSnapdragon 632を備えたRedmi 7は、現在はこれらよりも安く販売され割安感は薄れますが、MIUI 11のアップデートに加えてトレンドを詰め込んだRedmi 8シリーズは注目です。

Weibo / Qualcomm

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

Xiaomi、Android Qアップグレード計画を公開 Mi 9やRedmi K20 Proは2019年第4四半期からテスト開始

Xiaomiのスライドデザインのスマートフォンは手動式か Weiboで動作ビデオが流出

Xiaomi、Android Goスマートフォン Redmi Go発表 *スペック追記

Xiaomi Redmi 6 Pro発表 5.84 inchディスプレイ、Snapdragon 625搭載

Redmi K30シリーズ発表 : 120Hzディスプレイやデュアルモード5Gに対応

公式アナウンス Xiaomi Mi 9はSnapdragon 855搭載

Sony IMX586搭載のRedmi Note 7 Proは来週中にリリース

POCOはXiaomiのサブブランドから独立ブランドになるとアナウンス

Xiaomi CEO Lei Jun氏、月末に新製品を複数リリースと投稿