5Gスマートフォン「Redmi K30シリーズ」は12月10日に発表へ

この記事をシェアする

 

Redmiブランドゼネラルマネージャーである卢伟冰氏は、以前から発表を示唆してたRedmi K30を12月10日に発表することを投稿しました。

Redmi K30は、デュアルモード5G SA / NSAをサポートしたRedmi最初の5Gスマートフォンとして発表される予定です。

 

スポンサードリンク

Redmi K30

Redmi K30の情報については、今のところほとんど公開されていません。ただ、一部スペックのみティーザーや投稿から明らかになっており、ディスプレイにはXiaomi / Redmiで初となるパンチホールを採用しています。このパンチホールは、右上に配置され2つのカメラを搭載します。

搭載するプロセッサは明らかになっていませんが、デュアルモード5G SA / NSAをサポートし、Redmi最初の5Gスマートフォンになります。また、Redmi K30は、スーパーナイトシーン用の最新のアルゴリズムを搭載することを同氏がWeiboに投稿し、夜景モードがさらに強化される模様です。

OPPO、vivo、realme、Honorなどは、Redmi K30の対抗機になるスマートフォンを本格的にリリースし始めており、この中で発表を予定しているメーカーも5Gスマートフォンのリリースに関するアナウンスをしています。Xiaomiはハイエンドモデルで5Gスマートフォンがリリースし、Mi 9 ProやMi MIX 3 5Gが現在販売されています。
Qualcommが、5Gネットワークに対応したSnapdragon 7シリーズは2019 Q4にリリースを予定と発表していた通り、ミッドレンジクラスの5G端末のリリースが間近になった模様です。

価格についてはこれまでのRedmiスマートフォンのように、低価格で販売されることが期待され、それに付随する機能にも注目です。
Redmi K30の新しい情報はリリースされ次第お伝えします。

Weibo

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

1/15発売のRedmi Note 7、中国での出荷台数が100万台を突破

Xiaomi、4GB RAM / 128GB ROMを搭載したMi 8青春版(Lite)を中国で発売 価格は1799元(258ドル)

小米、大画面スマートフォンMi Maxシリーズの発表は無し

小米 M1901F7C / M1901F7E / M1901F7TがTENAAに登場 背面にRedmiロゴ

MIUI 10 8.6.14 Global Beta ROMリリース Mi MIX 2S / Redmi Note 5 / Redmi S2など6モデル

Xiaomi Mi 6X、Snapdragon 660 AIE搭載か 製品パッケージがリーク

Xiaomi Mi Note 10のペンタカメラ仕様が公開 Mi CC9 Proと同様のデザインと構成

vivo NEX S / Xiaomi Mi 8写真比較 Sony IMX363イメージセンサー搭載機種

RedmiBook 14発表 最上位モデルはIntel Core i7-8565U、512GB SSD搭載 価格は3999元(578ドル)~