Redmi Note 8 Proは未だに価値のあるミッドレンジスマートフォン

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

MediaTek製のプロセッサ「Helio G90T」を搭載するRedmiのミッドレンジスマートフォンRedmi Note 8 Proは、同価格帯の中でも圧倒的なパフォーマンスを誇ります。

200ドル程度で購入できるスマートフォンとしてはスペックも高く、ミドルユーザーにとっては満足度の高いスマートフォンの一つだと思います。

発売から数ヵ月が経過しましたが、そのような評価は未だに高いと思います。

 

Redmi Note 8 Proレビュー

Redmi Note 8 Proファーストインプレッション・ハンズオンレビュー : Helio G90Tと64MPクアッドカメラを備えた格安ミッドレンジ機

 

スポンサードリンク

Redmi Note 8 Proスペック

 

Redmi Note 8 Pro
OS
MIUI 10(Android 9)
Display
6.53 inch 2340 x 1080 FHD+ IPS Dot Drop
画面占有率91.4%,500nit,Corning Gorilla Glass 5
SoC
MediaTek Helio G90T Octa Core(12nm)
A76 2.05GHz ×2
A55 2.0GHz ×6
ベンチマーク
279629(Antutu V8)
GPU
ARM Mali G76 MC4
RAM
6GB LPDDR4x 2133MHz
ROM
64GB / 128GB UFS 2.1
リアカメラ
64MP (f/1.89,0.8μm,1/1.7インチセンサー,1.6μm 4-in-1スーパーピクセル)
カメラ2
8MP(超広角,f/2.2,1.12μm,120°)
カメラ3
2MP (マクロ,1.75μm)
カメラ3
2MP (深度,1.75μm)
カメラ機能
10倍デジタルズーム / 64MP HD / 超夜景モード / AIシーン検出5.0 / 超広角モード /  超広角エッジ歪み補正 /
AI美化 / バーストモード / チルトシフト / レベル表示 / カスタム透かし / プロモード / ポートレートモードの背景ぼかし調整
/ 3Dライティング / パノラマモード / AI高解像度写真 / AI Skyscaping 
フロントカメラ
20MP (f/2.0, 0.9μm)
ビデオ
4K 30fps / 1080p 60fps,30fps / 720p 30fps
超広角ビデオ 1080p 30fps / 720p 30fps
スローモーション 1080p 120fps / 270p 最大960fps
ネットワーク
GSM : B2/B3/B5/B8
WCDMA : B1/B2/B4/B5/B8
TDD-LTE : B38/B40
LTE FDD B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20/B28
VoLTE /Dual Nano SIM
Wi-Fi / Bluetooth
802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
バッテリー
4500mAh / 18W
その他
距離センサー / 画面内環境光センサー / 加速度計 /
ジャイロスコープ / 電子コンパス / Type-C / イヤホンジャック / IR Blaster / NFC
対応ファイル
MP4 / M4V / MKV / XVID / WAV / AAC / MP3 / AMR / FLAC / APE
位置
GPS / A-GPS / GLONASS / Galileo / Beidou
カラー
Pearl White / Forest Green / Mineral Grey
サイズ
161.35 × 76.4 × 8.79mm
重量
199.8g

 

Helio G90Tは従来のMediaTekプロセッサの弱点を克服

G90Tは、Arm Cortex-A76 2.05GHzを2基、Arm Cortex-A55 2.0GHzを6基備えたOcta Coreで、最大800MHzのArm Mali-G76 3EEMC4 GPUを備えています。

ミッドレンジスマートフォンとしては比較的パフォーマンスが高く、Qualcomm Snapdragon 730Gよりもベンチマークアプリの結果ではスコアが高く、GPU性能が弱点だったこれまでのMediaTekプロセッサとはアプローチが異なっており、ミドルユーザーでも手軽にゲームを楽しめます。

実際にPUBGをHD画質(標準選択)でプレイしても、フレームレートが落ちることや過度な発熱はありませんでした。

また、12nmプロセスのSoCということで消費電力の問題も多少ありますが、ハイエンド機でも採用されている冷却システムや4500mAhバッテリーを備えるなど、長時間の安定したゲームプレイやバッテリー寿命も魅力です。
標準で6GB RAMを備えるので、メモリ不足を起こす心配もほとんどありません。

なので、日常的使用にはもちろんのこと多少性能が求められるアプリやゲームも動作すると思うので、パフォーマンス不足を感じる場面も少ないのではないでしょうか。

 

バランスのいい仕様

高パフォーマンスが魅力のRedmi Note 8 Proですが、全体的にバランスのいい仕様も注目です。

現行モデルは大型のディスプレイを採用するものが増えており、Redmi Note 8 Proもその一つです。搭載しているディスプレイは6.53 inch FHD+とビデオ再生やゲームプレイで活かせる大きさです。

また、曲面ガラスボディと光沢のあるメタルフレームは、これまでのRedmiスマートフォンと比較するまでもなく質感が良く、さらに3.5mmイヤホンジャックを備えているため、有線イヤホンで音楽やゲームを楽しみたい方や接続するイヤホンをその時によって選択したいというユーザーにとっては間違いなく便利です。

その他にも、64MPクアッドカメラ、Xiaomiスマートフォンではお馴染みのIR Blaster(赤外線リモコン機能)やmicroSDカードによるストレージ拡張も可能になっており、ミッドレンジスマートフォンの良さを十分に搭載したスマートフォンです。

カメラ品質をそこまで気にしないという方にとっても、夜景モードや超広角撮影、マクロレンズなどを備えたRedmi Note 8 Proはあらゆるシーンで活躍すると思います。
メインカメラ以外に過度な品質を期待しなければ、日常のスナップや夜景なども比較的綺麗に撮影できます。

 

ミッドレンジ機に迷ったらアリ

ここ最近は、各社から高性能なミッドレンジスマートフォンが多く発売されています。Redmiの直接的な対抗機になるはHonorやrealmeなどのスマートフォンですが、これらと同様に低価格に設定されているので、200ドル台で手軽に購入できるRedmi Note 8 Proも選択肢の一つになると思います。

ここ数ヶ月で新たなスマートフォンが多く発売される可能性がありますが、価格を考えると未だに高い価値のある端末です。同価格帯のスマートフォンでAMOLEDを搭載するスマートフォンがあるのでディスプレイには多少の物足りなさを感じることはあるかもしれませんが、上記でいくつか挙げたように全体的なバランスも良く、Helio G90Tは高パフォーマンスを期待できます。

200ドル台のスマートフォンは競争が激化しているので選ぶのは難しいですが、メーカーを知るための端末としてはピッタリな一台です。
個人的には価格をメインに購入を考えることはあまりしないようにしていますが、価格と表面的な仕様だけで見てもRedmi Note 8 Proは、発売から数ヵ月が経過しても未だに価値のあるスマートフォンだと思います。

 

スポンサードリンク

Redmi Note 8 Pro購入先とクーポン

Redmi Note 8 Pro 6GB/64GB Global Version Blue

 

 

価格 213.99ドル
100回限定 2/16まで

購入リンク

Redmi Note 8 Pro 6GB/128GB Global Version Black

価格 229.99ドル
100回限定 2/16まで

購入リンク

Redmi Note 8 Pro 6GB/128GB Global Version Green

価格 229.99ドル
100回限定 2/16まで

購入リンク

Redmi Note 8 Pro 6GB/128GB Global Version White

価格 229.99ドル
100回限定 2/16まで

購入リンク

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

Xiaomi Mi Max 3、7/19に発表

Redmi K20の背面デザインが公開 中央に3つのレンズを配置

GearbestでXiaomi Mi 9T Proのクーポン発行中! 6GB/64GBの価格は369ドルから

OnePlus 5 Slate Grayレビュー スタイリッシュなデザインでお馴染みのハイスペックスマートフォン

[Xiaomi] Xiaomi Mi 6X (Mi A2)と思われるM1804D2SCなど3モデルがTENAAに掲載

Xiaomi、MIUI 10を発表後に体験できるプログラムの登録受付を開始

Xiaomi Mi 9 / Mi 9 SE、Aliexpressでの販売価格は558ドル / 395ドル程度から

Xiaomi Mi Max 3は7月に発表か Lei Jun氏が投稿

小米 M1901F9TがTENAAに掲載 5.84 inchディスプレイ搭載