Redmi K30 ProはK30よりも大容量なバッテリーと急速充電に対応か

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

Redmiが低価格に抑えながらもSnapdragon 855(855 Plus)やフラッグシップスマートフォン並みの性能を備える機種、「Redmi Kシリーズ」の最新の噂が伝えられています。

新機種となる模様のRedmi K30 Proは、Snapdragon 865を搭載することが予想されますが、その他仕様も少しずつ公開されています。

 

スポンサードリンク

大容量バッテリーを内蔵か

これまで、Redmi K30 Proに関する情報は公式からはほとんどアナウンスされていません。しかし、Redmi K20 Proで搭載したように、Snapdragon 865(最新のハイエンドチップ)を備えることは間違いないと思われます。

実際に、GeekbenchではRedmi K30 Proというモデルのベンチマーク測定結果が確認され、Android 10を搭載しRedmi K20 Pro Premium Editionよりも高スコア(シングルコアスコアが903、マルチコアスコアは3362)を記録していることがわかっています。ベンチマークは偽装可能なものですが、xdaによるとマザーボードに表示されているlmiというモデルはbuild.propも存在し、Redmiデバイスであることが確認されたとしています。

 

2月5日、リーク情報を多く取り扱っている中国の数码闲聊站氏が、自身のWeiboでRedmi K30 Proのバッテリーと急速充電に関して投稿しました。
この投稿によると、Redmi K30 Proのプロトタイプ(エンジニアリングマシン)のバッテリーは予想よりも少し大きく、4700mAh前後で急速充電は33Wをサポートしているという内容です。

現在発売しているミッドレンジスマートフォンRedmi K30は、4Gモデルが4500mAhバッテリーと27W充電、5Gモデルは4500mAhバッテリーと30W急速充電をサポートしています。
このように、バッテリーと急速充電についてはK30よりも大型かつより早い急速充電に対応する可能性があります。

Redmi K20シリーズについては、AMOLEDやディスプレイ指紋センサー、48MPトリプルカメラなど、比較的ハイエンドモデルに近い仕様を備えていたため、プロセッサや一部仕様以外に変更はありませんでした。Redmi K30 Proもそのようなアップグレードが行われるかはわかりませんが、Mi 9TシリーズのようにXiaomiの数字シリーズとしてリブランドされる計画があるなら、多くの面でスペックを上げる必要がありそうです。

Source : Weibo

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

MIUI 10 8.6.14 Global Beta ROMリリース Mi MIX 2S / Redmi Note 5 / Redmi S2など6モデル

Xiaomi Mi 8 Explorer Editionが工信部の認証を取得

Xiaomi Mi 9T Pro(M1903F11G)がBluetooth SIGに登場

Xiaomi、メタルフレームを採用したMi TV 4S 50インチ4Kテレビを発表 価格は2399元(約378ドル)

Xiaomi Mi 9Tレビュー 開封・ファーストインプレッション

XiaomiのスマートウォッチにはMIUI For Watchを搭載 専用のアプリストアも内蔵

no image

Xiaomi Mi Note 3のポスターが流出 Mi 6と同じデザインで、より大画面か

Xiaomi Mi MIX 3は10GB RAM搭載

Redmi、LCDスクリーンの下に指紋センサーを実装 デモ動画を公開