OPPO Reno3 Proに搭載されたSnapdragon 765Gをベンチマークアプリで比較

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

OPPO Reno3 Proに搭載されたQualcommのミッドレンジスマートフォン向けの5G SoC「Snapdragon 765G」をAntutuなどの主要なベンチマークアプリを使用してチェックしていきたいと思います。
この記事では、Snapdragon 730GやHelio G90Tなどのプロセッサと比較を紹介します。

ベンチマークについては、前回のレビューで一部紹介していますが、加えて数個のアプリを使用してベンチマークを測定しています。

 

スポンサードリンク

各プロセッサのスペック

 

Antutuベンチマーク

Snapdragon 765G / Snapdragon 730G / Helio G90T / Snapdragon 855 Plusのベンチマークスコアの結果をグラフでまとめたものです。
vivo NEX 3 5Gで測定したベンチマークスコアは、Snapdragon 855 Plusを搭載しているためずば抜けた結果となっていますが、その他の3つのプロセッサについては大きな差が付いていません。しかし、Snapdragon 765Gに関してはGPU性能が向上しており、Snapdragon 730G / Helio G90Tよりも高いスコアを記録しています。

 

Antutuベンチマークスコア

*記載が無い場合は最新のバージョンで計測。V7とV8では合計のスコアが異なり、V8の方が基本的にスコアが上がっています。
数値は目安となり、端末やOSバージョン、測定環境によって異なります。

 

スポンサードリンク

Geekbench 4

Snapdragon 765G / Snapdragon 730G / Helio G90T / Snapdragon 855 Plusのベンチマークスコアの結果をグラフでまとめたものです。

Geekbench 4でも同様の結果となっており、Snapdragon 855 Plusを除いてSnapdragon 765Gはパフォーマンスに関して2つのプロセッサを上回っています。前回のレビューで紹介したように、Snapdragon 765GのGeekbench 4のスコアは2901 / 7713です。

 

AndroBench

Snapdragon 765G(OPPO Reno3 Pro) / Snapdragon 730G(Xiaomi Mi Note 10) / Helio G90T(Redmi Note 8 Pro) / Snapdragon 855 Plus(vivo NEX 3 5G)のベンチマークスコアの結果をグラフでまとめたものです。

このベンチマークについては、プロセッサというよりも端末に搭載されたストレージの比較です。

数値的に圧倒的なUFS 3.0は1450MB/sを超えるRead速度を記録します。その次にOPPO Reno3 Proに搭載されたUFS 2.1となり、950MB/sを超えました。Mi Note 10とRedmi Note 8 ProのUFS 2.1については、498MB/sと527MB/sという結果です。

 

スポンサードリンク

その他ベンチマークスコア

  • 3D Mark-The Gamer’s Benchmark  – OpenGL ES 3.1 3278 / Vulkan 3059
  • PCMark 2.0 – 7909

この2つに関しては過去モデルで測定していなかったため、単体での測定結果となっています。
3D Markは、アプリ内での比較からSamsung Galaxy S9+(Exynos)よりも上の126番目に位置しています。PCMarkは、Xiaomi Mi MIX 3の上に位置する7909というスコアとなり、下にはMi Note 10やRedmi K20(Mi 9T)などが記録されています。

ベンチマークスコアは目安としてご覧いただくのがベストだと思っていますが、比較としては非常に役に立つので参考にしてみてください。
OPPO Reno3 Proを1週間程度使用していますが、Snapdragon 765Gのパフォーマンス不足を感じることはほとんど無く、ミッドレンジスマートフォンの性能が向上していることを実感しています。

 

レビュー

OPPO Reno3 Pro レビュー : 最新のColorOS 7を搭載した薄型・軽量の5Gスマホ

Xiaomi Mi Note 10レビュー 第2弾 ソフトウェア・ハードウェア編

Redmi Note 8 Proファーストインプレッション・ハンズオンレビュー : Helio G90Tと64MPクアッドカメラを備えた格安ミッドレンジ機

vivo NEX 3 5Gハンズオンレビュー : 驚異の画面占有率と90°近いカーブディスプレイを搭載する次世代機

 

*ベンチマーク結果(画像)に関しては転載はご遠慮ください。

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

Xiaomi Mi MIX 2S Emerald Greenの価格は3999元(580ドル)

Xiaomi、タイで「Xiaomi Redmi Note 6 Pro」を発表 6.26 inchノッチディスプレイ、SDM636搭載

Gearbestで第10世代インテルCore iプロセッサ搭載RedmiBook 13のクーポン発行中

Android One 「Xiaomi Mi A3」 ハンズオンレビュー

vivo、6/12発表のvivo NEXの新たなティーザーを公開 Geekbench Browserにも登場

Xiaomi、MIUI Global Beta ROMの提供を終了 対象は全デバイス

Xiaomi、ウクライナでRedmi 7をリリース

no image

vivo V1838Aが認証を通過 トリプルカメラ+ポップアップフロントカメラ搭載

vivo NEX 3が登場するビデオが公開 フルスクリーン+ポップアップカメラ搭載