Snapdragon 855 Plusを備えるvivo V1936ALというモデルがAntutuデータベースに登場

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

vivo iQOOシリーズから発売が予想されるハイエンドモデル「vivo V1936AL」というモデルが、Antutu(安兔兔)ベンチマークのデータベース上で確認されました。

Antutuは、このモデルをiQOO NeoにSnapdragon 855 Plusを搭載したモデルと推測しています。

 

スポンサードリンク

11月19日付けでTENAAウェブサイトにも掲載

このモデルは、既にTENAAにも11月19日付けで掲載されており、申請者は维沃移动通信有限公司、デバイス名はTD-LTE数字移动电话机です。ここでは一部仕様のみ掲載され、本体サイズは159.53 × 56.23 × 8.13mm、6.38 inchディスプレイ、4420mAhバッテリーを備えています。

掲載された端末の背面には、iQOOというブランドと3つのカメラを確認することができます。また、ディスプレイ上部には水滴型のノッチがあり、構成的にはiQOO Neo 855版と同じように見えます。

 

3日、そのV1936ALのベンチマークスコアと一部仕様がAntutuから公開されました。
TENAAとこのデータをまとめると、V1936ALは6.38 inch 2340 × 1080 inchディスプレイ、Android 9 Pie、Snapdragon 855 Plus、Adreno 640、12GB RAM+128GBを備えており、ベンチマークスコアは503734で855 Plusのスコアを記録しています。
スコアの詳細は、CPUスコア 143608、GPUスコア 196507、MEMスコア 90100、UXスコア 73519です。
Antutuによると、このモデルにはUFS 3.0やTurboWriteおよびHPBパフォーマンス最適化技術を搭載しています。

プロセッサ以外の仕様はiQOO Neo 855版(V1936A / V1936T)とほぼ同様です。TENAAに掲載された画像からも大きなデザインの変化は見られません。

vivoがこのモデルをいつリリースするかは不明ですが、iQOO Neo 855版に次ぐ価格を抑えたハイエンドモデルの登場があるかもしれません。

Antutu

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

vivo APEX 2020は超高速な60Wワイヤレス充電に対応 ティーザーも公開される

vivo V1913A / V1913Tのデザインや一部仕様が明らかに

vivo、初のパンチホールディスプレイ搭載のvivo Z5xを5/24に発表

no image

中国メーカーのスマートフォン スペックまとめ Xiaomi / vivo / OPPO etc

no image

vivo V1838Aが認証を通過 トリプルカメラ+ポップアップフロントカメラ搭載

[vivo] Geekbench / Antutuでvivo X21のスペックが明らかに。Android 8.1 Qualcomm Snapdragon 660搭載

vivo NEX Sの新カラー星迹版(Star Trail)は9/24発売

iQOO Pro発表 : Snapdragon 855 Plus搭載の5G対応モデルの価格は3798元(535ドル)から

iQOO V1955AがTENAAに登場 Snapdragon 865を搭載する新型の5Gスマートフォン