カラーディスプレイを搭載したXiaomi Mi Band 4発表 スペックや価格など要約

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

Xiaomiは、6/11に新製品発表イベント(小米智能新品友布会)を中国で行い、Mi Bandシリーズの新モデル「Mi Band 4」を発表しました。

Mi Band 4は、カラーディスプレイを採用し、これまでのMi Bandシリーズから大幅にアップグレードされたモデルとして発表されます。

 

スポンサードリンク

Xiaomi Mi Band 4

コンパクトな本体とシリコン製のバントが特徴のMi Bandは、シンプルな機能と長時間駆動するバッテリーを内蔵しているスマートバンドです。Mi Band 4の主な仕様として、0.95 inch AMOLED、カラーカスタム文字盤、6軸センサー(3軸加速度センサー+ 3軸ジャイロ)、512KB+16MB、Bluetooth 5.0 BLE、小愛同学を搭載します。

このバンドは小愛同学を使用することでほとんどの操作を完了することができます。(NFC版のみサポート、中国語)

 

デザイン

Mi Band 4は、これまでのデザインを継承しており、お馴染みのコンパクトな本体とバンドが組み合わせられています。本体の重さは標準版が僅かに軽く、22.1g、NFC版は22.2gです。本体は5ATAM(50m)防水をサポートしており、水泳やハードな運動、生活防水にも耐性があるので様々なシーンで着用できるスマートバンドになります。

バンド素材はTPU、幅は18mmで155-216mmの間でバンドの調節ができます。

 

カラー表示に対応したディスプレイ

Mi Band 3から大きく異なる点として、Mi Band 4には16000万色以上をサポートする0.95 inch 240 × 120 AMOLEDディスプレイが搭載されています。ガラスは2.5Dと指紋防止コーティングが施されています。

Mi Band 4はAMOLEDを活かしたカラー文字盤にも対応し、表示される項目も増えたことからスマートフォンやスマートウォッチのようにバッテリー残量やその他表示も常時ディスプレイで確認することが77の文字盤も用意されています。

ディスプレイはMi Bandシリーズ史上最大のアップグレードとなっており、カラーディスプレイ以外にもサイズが39.9%大きくなり、バンドでのAliPay支払いにも対応しています。

 

スポンサードリンク

その他機能

Mi Bandシリーズは長時間駆動することが魅力の一つで、Mi Band 4には135mAhバッテリーが内蔵し20日以上のスタンバイが可能、NFC版は125mAhバッテリーを内蔵し15日スタンバイが可能です。

ランニングや水泳などのトレーニングを助けるマルチスポーツモード、24時間心拍測定や座りがち通知、睡眠測定などはこれまでと同様に備えられています。
標準版よりも高機能なNFC版は、Xiaomiの音声アシスタント小愛同学も備えており、音声での心拍数測定、天気の確認、接続しているスマートフォンの音楽の制御などもでき、バンド上で音楽の操作(再生など)も可能になっています。さらに、Xiaomiのスマートホーム製品も音声で操作できます。

 

価格はMi Band 4標準版が169元(24ドル)、NFCをサポートしたNFC版は229元(33ドル)、3つのカスタムバンドが付属するアベンジャーズシリーズ限定版は349元(50ドル)に設定され、標準版は6/14、NFC版は6/18から販売が開始されます。

Xiaomi / 米家MIJIA

 

Mi Band 4商品ページ

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

Xiaomiスマートフォン ブートローダーアンロック・ROMの書き換え方法

Xiaomi Mi 10シリーズを360度 3Dでチェックできる特設ページが開設

Xiaomi Mi MIXやMi 5など13機種向け MIUI 9 7.8.17 China Developer ROMを公開

Xiaomi Mi Note 10 / Note 10 Pro発表 108MPペンタカメラ、5260mAhバッテリー搭載

Xiaomi、8/20からMi 8 6GB/64GBを100元値下げ

Android One Mi A1のベース機となったデュアルカメラ搭載機 Xiaomi Mi 5Xレビュー

Redmiフラッグシップの名称は5/14アナウンス 実機と思われる写真も公開される

GaerBestでXiaomi Pocophone F1やMi MIX 3がフラッシュセール中

vivo NEX S / Xiaomi Mi 8写真比較 Sony IMX363イメージセンサー搭載機種