Xiaomi Mi 9 vs Galaxy S10 サンプル写真でのカメラ比較

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

前回、Xiaomi Mi 9とSamsung Galaxy S10のハンズオンレビューを公開しましたが、今回はサンプル写真でこの2モデルのカメラを簡単に比較したいと思います。

Xiaomi Mi 9とGalaxy S10は、価格帯は異なるものの両社の2019年のフラッグシップ機です。どちらも最新のSoC”Qualcomm Snapdragon 855″を搭載したモデルとなっており、どちらも背面にトリプルカメラを搭載します。多彩な写真撮影モードを搭載し、AIによるシーン識別や夜景などで活躍する夜景モード、通常のレンズよりも広角に撮影できるウルトラワイドアングルレンズなどを載せています。

*画像拡大時は通信料が増える場合があります。また、下記の画像は使用する端末やブラウザによって表示されるのに時間が掛かる場合があります。ご了承ください。

 

 

スポンサードリンク

カメラ仕様

 

Xiaomi Mi 9Galaxy S10
カメラ仕様 1
SONY IMX586 48MP
(0.8μm, 1/2型,f/1.75,
4 in 1 12MP, 1.6μm)
FOV 79°
12MP(1.4μm,1.0μm,デュアルアパチャー f/1.5 ,f/2.4,Dual OIS)
FOV 77°

2
Samsung S5K3M5 12MP(1.0μm, 1/3.6型,f/2.2)
FOV 43.6,2倍光学ズーム,10倍デジタルズーム

12MP(1.0μm,f/2.4)
FOV 45°,0.5 / 2倍光学ズーム,10倍デジタルズーム

3
SONY IMX481 16MP(1.0μm,1/3型,f/2.2)
FOV 117°,4cmマクロ

16MP(1.0μm,f/2.2)
FOV 123°

その他
AIシーン識別,夜景モード,ポートレートモード, パノラマモード,プロモード,HDR,ダイナミックショット,フィルター,美顔,AIスマートスリミング,ムーンモード

AIシーン識別(ナイトビュー),フード,パノラマ,プロ,ピンぼけ効果付きライブフォーカス,HDR,フィルター,美顔

カメラUI

 

サンプル比較

実際に何枚かの写真を使って比較していこうと思います。
Xiaomi Mi 9は48MPモードでの撮影に対応していますが、このサンプルでは12MPモードで撮影しています。通常AI識別をONにしたまま撮影したものになります。

写真のバーを左右に動かすと2枚の写真を比較できます。

 

この写真は天気が晴れ、昼前後に撮影したものです。(左 Xiaomi Mi 9 / 右 Galaxy S10)
どちらも細部までしっかり撮影できています。比較しなければどちらもスマートフォンのカメラとしては十分と言えますが、Mi 9は全体的な明るさが少し足りず、Galaxy S10はダイナミックレンジが広い印象で、より明暗がしっかり表現されているように思います。水の波感もS10の方が感じられます。

 

AI識別で撮影したサンプル写真です。(左 Xiaomi Mi 9 / 右 Galaxy S10)
イチゴの赤色を見るとMi 9の方が実際の色よりも明るく、S10の方が実際の色に近いように撮影できました。この撮影方法ではどちらも食べ物の色合いをしっかり表現できており、過度な修正は無いように思います。Galaxy S10はAIと別にFoodモードという撮影モードを搭載します。食べ物を中心にぼかしを設定することができ、よりクローズアップした写真を撮影できます。

 

夕方での撮影。(左 Xiaomi Mi 9 / 右 Galaxy S10)

 

トリミング(左 Xiaomi Mi 9 / 右 Galaxy S10)

 

間接照明の下での撮影。(左 Xiaomi Mi 9 / 右 Galaxy S10)
この撮影では、Mi 9の方が目で見た感じに近く、S10はより明るく撮影できました。

 

AIシーン識別。夜、街頭や車のヘッドライトなどが点灯した中での撮影です。(左 Xiaomi Mi 9 / 右 Galaxy S10)
Mi 9はf/1.75・1/14s・ISO感度 12172、S10はf/1.5・1/9s・ISO感度 800で撮影されています。Mi 9はISO感度が高く、夕方に撮影したような写真になっています。

 

夜、AIシーン識別ONでの撮影。(左 Xiaomi Mi 9 / 右 Galaxy S10)
暗い(影)の部分など、全体的な写真の出来はほぼ変わりませんが、Mi 9はライト部分が若干白飛びしてしまい、手前の看板の表示が見えづらくなっています。このシーンでの撮影はS10の方が簡単に撮影できました。

 

2倍ズームを使用。(左 Xiaomi Mi 9 / 右 Galaxy S10)
S10の方が全体的に明るく撮影できます。Mi 9は実際の明るさよりも若干暗く撮影されています。

 

夜、夜景モードを使用した撮影。フォーカスはライトに合わせています。(左 Xiaomi Mi 9 / 右 Galaxy S10)
この写真は見てわかるように、Mi 9の方が圧倒的に明るく撮影できています。Mi 9の夜景モード(ウルトラナイトモード)は、大体3秒程度本体を固定しておく必要がありますが、このように全体的に派手な写真を撮影できます。

 

夜景モードでの撮影。(左 Xiaomi Mi 9 / 右 Galaxy S10)
先ほどのライトの撮影と同様でMi 9の方がS10と比べると1段階くらい明るい写真が撮影できています。Mi 9は3秒程度本体を固定、S10は瞬時に撮影できます。
詳細を見ると、ウルトラナイトモードを使用したMi 9はf/1.75,ISO感度 5756,露光時間は1/33、S10はf/1.5,ISO感度640,露光時間は1/16でした。

 

ウルトラワイドアングルレンズでの撮影。(左 Xiaomi Mi 9 / 右 Galaxy S10)
Mi 9は117°、S10は123°のレンズを搭載しています。どちらもワンタッチでウルトラワイドアングルに切り替えることができ、簡単に通常の写真よりもダイナミックな写真を撮影可能です。Mi 9でも十分ダイナミックな写真になります。

どちらの機種も、ウルトラワイドアングルレンズの歪みを自動で補正する機能が搭載されています。

 

まとめ

今回はMi 9とS10のサンプル写真を使って簡単にカメラの比較をしました。Mi 9には48MPモードと強力なウルトラナイトモード、S10にはデュアルアパチャーと123°広角レンズが搭載されています。

構成的には似ているものの、実際に撮影してみるとデュアルアパチャーを搭載したS10の方が夜景の撮影は簡単で、バランスの取れた写真を撮影することができます。基本的にオート撮影中心にカメラを使用するので、より簡単に撮影できるS10は重宝すると思います。価格ではMi 9の2999元(446ドル)のおよそ2倍程度に設定されていますが、使いやすさ・手軽さ・高画質など満足できるカメラだと思います。
しかし、裏を返せばおよそ半分の価格のMi 9でも十分な写真を撮影できるということも言えます。ウルトラワイドアングルや、より明るく撮影できるウルトラナイトモードはXiaomiのカメラを使用するメリットになるはずです。

どちらも非常にクオリティの高い写真が撮影できるため、どちらが好みかというのは一人一人異なると思います。Mi 9は触れることが難しい端末になりますが、S10は国内発売後に触れる機会があると思うので実際に実機に触れてみるといいと思います。

 

Mi 9の48MPモードについて

上の画像は12MPと48MPの写真をそれぞれ拡大したもの。48MPは拡大しても、文字が潰れることなく鮮明さが保たれています。12MPと48MPで撮影した実際のサイズの写真はこちらからご覧いただけます。

Mi 9は上記で紹介したカメラモードのほかに48MPモードも搭載しています。12MPよりも細部までよりクリアな写真を撮影できるという点は間違いなくMi 9の強みになっています。
Mi 8やMi MIX 3などのデュアルカメラも十分すぎるほど高画質だと思いますが、Mi 9のトリプルカメラは撮影モードが多彩なので使い勝手も良くなっています。

Xiaomiは、Mi 8 / Mi MIX 3などからソフトウェアアップデートでのカメラ機能の追加を度々行っています。そのことから、今後発売される機種に搭載されるカメラ機能をMi 9にも追加することも0%ではないと思うので、今後のアップデートにも期待したいと思います。

 

*6/14 セール情報更新

Xiaomi Mi 9 6GB/64GB Global Version Blue / Black
フラッシュセール価格 365.99ドル
150台限定 6/17まで

購入リンク

Xiaomi Mi 9 6GB/128GB Global Version Blue
フラッシュセール価格 415.99ドル
150台限定 6/15まで

購入リンク

Samsung Galaxy S10
ebayのリンクを掲載していますが、その他のサイトでも購入可能となっています。価格も落ち着いてきており、S10は8万円(送料と税金込みで9万程度)、上位モデルのS10+でも9万円前後(送料や税金込みで10万円程度)で購入できると思います。(リンクの製品はExynos搭載モデル)

Galaxy S10(ebay) Galaxy S10+(ebay)

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

Xiaomi Mi Note 10レビュー 第2弾 ソフトウェア・ハードウェア編

Xiaomi Mi Note 10レビュー 第3弾 : 30W急速充電の速度を検証

OPPO R17 Pro(PBDM00) 2カ月使用レビュー

[レビュー] Honor V10 BKL-AL20レビュー 約450ドルでKirin 970搭載

OPPO Reno3 Proに搭載されたSnapdragon 765Gをベンチマークアプリで比較

Android One Mi A1のベース機となったデュアルカメラ搭載機 Xiaomi Mi 5Xレビュー

UMIDIGI S3 Proレビュー セラミックボディが美しいミッドレンジスマートフォン

ESR iPhone 11 Pro Max本革レザーケース レビュー 質感も良く、軽量で手頃な価格も魅力

先日到着した6.44インチファブレット Xiaomi Mi Max 開封レビュー その1