Xiaomi、108MPペンタカメラ搭載のMi Note 10を12月9日に発表

この記事をシェアする

スポンサードリンク

 

Xiaomiは、12月9日に日本市場に参入することを公式Twitterで明らかにしていましたが、3日新たに販売する製品のヒントを投稿しました。

この投稿から、グローバル向けに販売を行っているミッドレンジスマートフォン「Mi Note 10」の発売がほぼ決定しました。

 

スポンサードリンク

108MPペンタカメラ搭載機

3日に投稿されたツイートでは、昨日に日本参入を正式にアナウンスした時と同様のティーザーが公開されました。参入することだけが明らかになっており、発表する製品やその詳細などは不明でした。
しかし、新しいティーザーにはスマートフォンの背面と思われるものが追加されており、新製品のMi Note 10であることがわかっています。Mi Note 10は背面に5つのレンズを搭載しているため、画像からでも十分判断できます。

また、blog of mobileによるとXiaomi Mi Note 10(M1910F4G)がTELEFICATIONを通じて技適マークを取得したことを伝えており、現時点でMi Note 10の日本投入はほぼ確実ということです。
Mi Note 10はストレージ容量やカメラスペックが高い上位モデルも発表されており、外観から判断できないため上位モデルの可能性もありましたが、このように現時点では通常モデルであるM1910F4Gのみが認証を取得した模様です。

Xiaomi Mi Note 10は11月にグローバル向けに発売されたばかりの新製品です。中国ではMi CC9 Pro(ベースモデル)として販売されているミッドレンジスマートフォンで、Qualcomm Snapdragon 730Gや108MPペンタカメラ、大容量な5260mAhバッテリーに30W急速充電をサポートしてます。

その中でもカメラ仕様は注目され、108MP+20MP+12MP+5MP+2MPという組み合わせの5つのカメラを搭載、メインセンサーにはMi MIX Alphaで搭載するSamsung ISOCELL Bright HMXを採用し、108MPモードで撮影した写真は12032 × 9024解像度で出力されます。さらに、その他のレンズによって、5倍光学ズームや10倍ハイブリッドズーム、マクロ、超広角撮影もサポートしています。

12月9日に発表される製品の1つはMi Note 10で確定ですが、投稿にあるように複数の製品の発表が予想されます。

Twitter
via : blog of mobile

 

 

当ブログの一部リンクには、アフィリエイトリンクが含まれます。予めご了承ください。(詳しくはこちら)
文章の盗用やレビューなどの画像の無断使用はご遠慮ください。

Twitterアカウントをフォロー

このブログの更新情報はTwitterアカウントで受け取ることができます。その他にもクーポンの配信や不定期でTwitter限定のプレゼントキャンペーンなども実施しています。更新情報を受け取りたい場合はフォローをお願いします。

 

 

この記事をシェアする

関連記事

Xiaomi Mi 8 SE、2月末のアップデートでスーパーナイトシーンを追加

Xiaomi CEO Lei Jun氏、月末に新製品を複数リリースと投稿

Xiaomi M1805D1SE / M1805D1STが工信部の認証を通過

Xiaomi、12月16日からアマゾンでXiaomi Mi Note 10の販売を開始

Xiaomi Mi 8 青春版のティーザー公開 グラデーションカラーを採用

Xiaomi Mi Band 3レビュー・ファーストインプレッション Mi Band 2との比較

Redmi K30 ProがGeekbenchに登場 マルチコアスコアは3300越え

SNSに投稿された画像に発表前のXiaomi Mi MIX 3が登場

Xiaomi Redmi Note 4X 初音ミクカラー 開封レビュー 何よりも本体の色が好み